FC2ブログ

プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安から明石にお引っ越し

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

<釣り以外>釣り場名を明示しない理由について

最近、釣り情報をネットで見ていて気になることがある。

小湊港の様子や勝場港の釣れ具合など、外房の漁港名がダイレクトに明示されて紹介されている。

最近ちらほら、というかよく見かける。
7~8年前、自分もブログを始めた頃は奥湾の釣り場を明示していた。

釣れるとうれしいし、誰かに自慢したいし、閲覧数が増えて、ブログ村の順位が上がると、、、
自己顕示欲がさらに満たされて。
もしかしたら、広告収入も増えるかも。


しかし、あるとき疑問を持った。
自分が書いた記事がマイナスになってないか。

何でこの釣り場は人が満員で釣りがしにくいのか。
(東扇島西公園のサバ祭りで)
もしかしたら、自分の投稿で釣り人が増えて、ゴミが増えて、釣り場が荒れたのではないか。

自分のブログの閲覧数を見ると、それほど世の中に影響力があるとも思えないが、荒らした要因の何%かは自分のせいかもしれない、と。
ある程度、釣り馴れて、自分のゴミや周囲にも配慮できる釣り人ばかりであれば良いが、グループで来て弁当箱や空き缶をそのまま置いて帰る姿を見ると、、、


ネットでいろいろ情報を集めると、、、例えば、
ウナギはポイントどころか河川名も明示しないとか、小場所の多い外房、南房の釣り場は明示しないなどのネット上のローカルルールが存在しているようだった。

また、当初はまだ奥湾のみで釣りをしており、外房まで遠征してなかった。
冬の釣りものを探して外房に行き当たった。
当時の外房の釣りブログでは漁港名は殆どが伏せられていた。

あまり確証がないまま、とりあえず出撃してみて、、、
他の人より釣れずに、、、
でもいくつもの漁港を偵察して回って、自分の中の外房の引き出しを増やしていった。


今週末の出撃目標を検討する閲覧者の側からすれば、釣り場が明示されてると、ありがたい。
知りたいのは、いつ、どこで、どんな魚が釣れるのか、だから。

一方、投稿する側からすると、容易く閲覧者を呼び込むことができる。
しかし、その釣り場に釣り人が急増する。
したがって自分もその釣り場で釣りがしにくくなる。

ゴミが増える。
漁業関係者とトラブルが増える。
遊覧船にトリプルフックのついた仕掛けをぶつける。
漁船にコマセをぶちまける。

回りまわって釣り禁止などになり、自分も、仲の良い釣り人も釣りができなくなるリスクが高まる。
人間は一人ひとりは良い人であっても、集団心理というか、大勢になると気が大きくなり対応が粗雑になる習性がある。
人が過度に集中して良いことは何もない。

もちろん、罪滅ぼしや言い訳として、自分のブログにも「ゴミは持ち帰りましょう」などと書いてみたこともあるが、、、集団心理「赤信号~怖くない」の習性のある人間という生き物には徹底することは無理。

と考えて、どこまで明示するかを考えた。
メリット、デメリット考えて、どのあたりで折り合いをつけるのか。

「外房」「F浦」「CPP」のレベルまでにしておこう。
(釣り公園は明示でも良いかと)
ずっと記事を読んでる人、自分の足で釣り場を回ってる人は何処の釣り場かなんとなく分かると範囲にしておこう、と。
(実際に、魚の背景のコンクリートの質感で「○○港ですよね」と言われることもある。これくらいの洞察力のある人ならば、周りへの悪影響を少なくして釣りをされるだろうと推測される。)


ということで、明石に転勤してきて、今後に方針が変わるかもしれないが、、、
「引き続き釣り場名の明示はしない」ということにします。
(長々と失礼いたしました。)

関連記事

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント