プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

(釣報)順張り。釣れてるアジフライを狙おう(川崎某所)


写真は、今日のえものたち


7月29日(土)03時15分~06時30分。
最近は満足に獲物を確保してない。
釣れてるより、釣りたいを優先し過ぎか。
妥協案として、アジフライを狙おう。

暗いうちに到着。
先行釣り人あり。
開始するところみたい。

トリック用意。
暫くすると隣でぽつぽつ。

おいらは、コツコツ触るが針がかりしない。
割りきって、おき竿にしてみた。

竿がガタガタからのぎゅーん。
きたきた。
ぐんぐんぐん、まきまき、ずっぽーん。

地合い到来。
20cm弱のメタボリックあじくん。
頭より肩周りが大分大きい。

以降、そこそこ忙しい。
作業の繰り返し。
1時間弱か。

すっかり明るくなり、型が小さくなり、鰯さっぱが混じりはじめて終了。
少し投げれば釣れたかもしれないが、コマセ1ブロックも尽きた。

30程で終了。
気が済んだ。


写真は、お約束のサッパ泳がせにエイやろう



10分近く筋トレ(引っ張り合い)のすえ、何とかハリス切れに持ち込めた。



写真は、アジフライと手まり寿司



アジは3枚に下ろし、お刺身に出来る状態に。
フライはアジの間にスライスチーズ挟んで。
ハズレのない味。

寿司はネタを漬けにし、しゃりを薄味にしたが、逆のが良かったか。

まあ、満腹になったし、良しとしよう。



☆応援のボタン☆(スマホ上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ



テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)ハゼどんの生育具合を確めてみる(浦安)


写真は、最近見慣れた浦安の景色


7月23日(日)6時30分から7時30分。
釣り人としては寝坊気味に起床。
昨日のアオイソヲ消化せねば。

てことで、浦安清掃中へ。
路駐車のナンバーは他県ばかり。
地元民少なく釣れてないのか。

南風、波ざっぱざっぱの底荒れぎみ。
海見たらジモテイは帰るよね。
おいらも帰る。


浦安ハゼ釣り場(川側)へ。
前日は夜に来た。
明るいときに様子を見ておこう。

てことで、ぽっちゃん、ぷるっ。
釣れた。

ぽっちゃん、ぷるっ。
境川より数多い、型も良い。
人が食べるにはまだ小さいが、餌頃。

時速10匹を越える。
いつでも調達できる。


写真は、初めての魚種。ふな




☆応援のボタン☆(上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)まだタチには早かったようです。キス少し

(写真なし)


7月22日(土)3時~7時30分。
まだタチウオの情報はない。
しかし、なんだか無性に遠征してみたかった。
行きたいところに行こう。

てことで金夜早めに帰宅。
早めに寝て、早めに起床(24時)。

今年のハゼ釣り場へ。
※赤潮青潮の影響か、境川のハゼはやや小ぶりで数も少ない。川側のが好調か。
30分ほどで7~8匹に。

目的地に向かう。
遠い。車も想定より多かった。

お目当て先端は人あり。
逆側にしてみた。

ぶーん、ぽっちゃーん、右から左へ。
しーん。
誘っても誘っても、しーん。

薄明るくなってきた。
周囲にるああまんが増えてきた。
おいらも念のために、テンヤに変えて投げてみるが、しーん。

さすがに早すぎたみたい。
すっかり明るくなり、マゴチ狙いに変えるも、しーん。
当たりすらなし。

このままではお土産すらないので、キス狙いに。
ぶーん、ぽっちゃーん、さびさび。
こんこーん、と良いあたりも針がかりせず。

何度か繰り返して、やっと3匹に沈む。
周囲でも釣れていたのは、キスぱらばら、クロダイ1、ワカシ1(これはもらって、漬けにした)、フグ少々。

この釣り場はあと2ヶ月後ですね。
やっぱり早すぎた。


☆応援のボタン☆(上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)年1回恒例のサバ須賀遠征。初めて釣れたよん。


写真は、しめさばの元


7月16日(日)3:30~8:00。
鯖須賀らしい。
情報に踊ってみよう。

しかし、暑い。
かつ、きっと混んでるだろう。
本当は夕方が良いらしいが、朝にしてみよう。
日中にイライラしながら走るのも嫌だ。

てことで、土夜24:20に浦安を出発。
下道たらたら。
02:30到着。357は優秀。できる子だ。

さばかぜ公園に到着。
さすがに混んでるが、、、一番良い?はずの右側に隙間がある。
断って入れてもらう。

すると、イベントで朝8時までしか日朝は釣りができないらしい。
だから隙間があったのか。
左の端まで偵察した。

左の方は少し空いている。
日朝は明るくなるのは04:30、満潮8時。
いろいろ考えた。

釣れるなら8時までに決着するだろう。
てことで、右で待つ。
(正確には暗いうちは釣れないので、少し休む。)

3:30投げサビキ開始。
ぶーん、ぽっちゃん。
しーん。
ウキは左から右に早い。
投げサビキは左右との呼吸が大切だ。

すっかり明るくなった。
アジが少し釣れた。
なにも釣れないより良いが、ぎゅんぎゅんが欲しい。

少し離れたところで竿が曲がっている。
この釣り人のタナは6mくらいか。
(自分のウキばかり見てはいけない。
 周りの釣り人の投入をガン見して、あの人は○m、あの人は○mと把握しておく。)

同じ人がまた釣ってる。
少し遠めの距離で下オモリ形式で6m。
その周辺の釣り人だけが少し釣れている。

あれこれサビキを使い古しから新品に変えて、同じラインに投入。
むむっ!
ウキが寝た。
糸ふけとって聴いてみる。

ぎゅーん。
巻き巻き。
足元で、ばたばた、ぎゅーん。ぎゅーん。(何度か突っ込む)

ずっぽーん。
30cmくらいのさばお。
でかさば(40cm級)ではないが、良しとしよう。


写真は、釣れたらすぐに水中でサバ折り、エラとハラワタを出す。



続けて釣れるのかな?と思たが、甘くない。
周囲でもほとんど釣れていない。
少し離れたところでポツポツ釣ってる人の仕掛けを見ると、、、6m、吹き流し、あの距離。。。

節操なく、真似してみる。
かつ、置き竿でよそ見(魔法のルーチン)してみる。
すると、、、
竿先が、くいっくいっ。

少しぎゅーんぎゅーんを楽しんでずっぽーん。
このサイズならハリス1.5号で切られない。

時計を見ながらの釣り。
8時が近づくが、続かない。

と、隣で近距離、5m、吹き流しで釣れた。
8時。
真似して近距離、投入。
コマセを捨てて最後の一流し。

キタ。
クイアゲ、ウキが寝た。
巻き巻き、ぎゅーん、ぎゅーん、ずっぽーん。
釣れた。
海底自摸(麻雀用語、ハイテイツモと読む)。

イベントの係り員が来た。
「片づけてくれ」と。
タイムアップ。

鯖祭りには程遠い感じ。(夕方なら違うのか?)
しかし過去、毎年サバ祭り情報に踊って遠征してみるも、外れ、ハズレ、はずれが続いていた。
30cmくらいの中さばであるが、良しとしよう。

帰路も下道たらたらでした。
(日曜日の8時~10時なら大混雑にはならず。)




☆応援のボタン☆(スマホ上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)ウナギが欲しかったのに、竿持ってかれてもうた


写真は、今日のえさ


7月15日(土)17:30~20:30。
久々の近所のウナギランド。
エサは昨朝購入したジャリメ。

おえー。
さすが夏。もう悪臭を発している。
のびのびで溶ける寸前。

まだ針につけられるから、テナガエビを釣るべく、ぽっちゃん。
すぐにウキが・・・横に移動してしまう。
このアタリはハゼどん。

要らないときはどんどん釣れる。
はぜ、はぜ、はぜ。
夕暮れてきたから、テナガが釣れるはず。

少し場所を変えると、やっと釣れた。
テナガエビ。
ここか!


写真は、釣れたテナガ



いい感じで、エサが集まりだす。
19時前。
いい感じに暮れてきた。
ぶっこもう。

ちょいなげ3本。
糸と針だけ1本。
テナガ竿に針を変えて1本。
欲張り気味で行こう!

水面はバシャバシャしだした。
セイゴ・フッコか!
足元、ちょい投げがチリン。

引き込まないから待つ、待つ、待つ。
結果、待ちすぎた。
巻くと、うなっぽい引きはあるものの、何に絡んで上がってこない。

魚がついているのは判るが、がっちりで上がってこない。
しばらく待つも、緩まない。
痛恨の根掛かりロスト。

もう一本のちょい投げがリンリン引き込まれる。
大物か!
ぐんぐん横に走る。

ウナギじゃない。
水面でバシャバシャもしない。
この引きは覚えている。

キビレか!(数年前、ここで釣ったことがある。)
ぐりぐり巻こうとすると、またも痛恨のバラシ。
チモトからほどけている。
逃がした魚は・・・

しばらくすると、遠くに置いたテナガ竿がチリン。
走り寄るも???
あれま竿がない!

ひぃぃー、持ってかれた。
見回すと、竿が水面に浮いてて向うに移動している。
どうやらお魚ついたまま引っ張られている。

ちょい投げ竿を持って追いかける。
投げる。
巻く。

少し寄せられるが、寄せ切れない。
オモリとウナギ針ではうまくひっからない。
追いかけるが、敵はスピードを上げる。

痛恨。
見失った。
おそらくキビレか。

とほほ。
蒸し暑い中、走って、汗ぼとぼとになって。
結局お目当てのウナギにありつけず。
かつ、テナガ竿をロストしただけ。

皆さん、油断せず、竿はしっかり止めるようにしましょう。



☆応援のボタン☆(上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント