プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

今年もカレイさんは手厳しかったね(CPP)

(またもや写真なし)


1月22日(金)23時30分~23日(土)3時。
寒さ厳しいが、逝ってみた。CPP。

釣り人いるが低活性。
奥の奥。

イソメで、ちょい投げ。
しーん。

さびいて、しーん。
何の反応もなし。
我慢大会。

周囲でも盛り上がりなし。
今年は暖冬で遅れたが、さすがに終了気配か。

あくまでキロクとしよう。
今年も苦手克服できず。

とほほ。



テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

ようやくの手のひらカレイさん(CPP)


写真は、今季の初物


1月10日(日)22時~11日(月、祝)3時30分、三連休の真ん中、空いてるのではないかとCPPへ。
結果は釣れていました。おいらの隣で。
おいらにはご縁なし。



懲りずに、1月15日(金)23時から16日(土)4時。
再度CPP。
前回、ソコだけが釣れていた隣に。

横目で見ていた場所に投入(のつもり)。
も、しーん。
遠くへ。近くへ。
右へ。左へ。

で、ちりんちりん。
???
5分待って上げると、こっぱくん。
冒頭写真。

寒中粘ってこの1匹のみ。
でもゼロよりうれしい。

後から隣人はサクサク釣ってます。ウデの差。
こっぱくん。はもらっていただく。

とほほ、サンプル少なく、コツを掴むに至らず。
試行錯誤不足か。
まだまた修業。
(にしても長く釣れている。おいらには手厳しいが、、、)




テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

釣り納め?単なる寒中飲み会?CPP

(写真なし)

11月30日(水)21時~31日(木)3時。
東北酒に就職した若者が帰省するらしい。
これはおぢさん達でお酒の飲み方を教えてあげねばならない。
(どちらかというと新しいお酒にタカる方)

てことでCPPに集まる。
(申し訳程度に竿を出す)

酒を飲む。
管を撒く。

お酒についてのウンチクを聞く。丁寧に製造行程に沿って説明をきく。分かったような気がする。
(でも頭には半分も入らない。ごめんよ。飲めれば良いみたい。おぢさんは。)

今年は厳寒ではないが、長時間になれば効いてくる。
周囲でもゼロではないが、厳しい状況。
酒飲みおぢさんたちの竿にも反応なし。
(最終的ちは一番早くから来て場所とりに貢献され、ガッツあるY氏が最期に1匹)

お疲れさまでした。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

久々の、ヒラメ釣れてました!おいらの隣で(外房)


写真は、良型まじり


12月26日(土)5時~8時30分。
外房はヒラメちゃんの季節。
下道たらたらで、侍推薦釣場へ。
良型まじりで、ヒラメチャンスありと。

夜中3時くらいから釣れていると。
開始。
入れ食いではないが、ほぼ一投一尾。

竿をあおってコマセ撒くとウキが沈む。
緩く合わせて巻き巻き。
概ね20Cm超。

思ったより大きくないが、泳がせには不向きな大きさ。
すっかり明るくなる6時30分頃まで釣れ続く。
あとは散発的に。


写真は、今日の持ち帰り



ぶっこみ泳がせる。
当たる。
ゆるゆるドラグから糸出る。

合わせて巻く。
平べったいひき。

抜ける。
痛恨。
エサが大きいので、もっと待たないといけないのか。


ウキ泳がせにもあたり。
巻き巻き。
ジー。リールから糸が出る。
大物感。

負けじとグリグリ巻く。
フッ。
痛恨。ワイヤー留め部品部分が破損。
なんだったのか。

以降はあたり遠退く。
無念。
御約束の黒黄しましまうねうねを釣って終了。
それも2匹。


写真は、うつぼくん



あぁ釣りたい。
そーいえば、半年以上仕留めていない。ヒラメちゃん。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

季節外れシメサバで筋トレ(F浦)


写真は、今日のエモノ。


12月23日(水、祝)6時~10時30分。
エルニーニョか黒潮の影響か、今ごろサバが釣れてる情報。
(ブログ記事や磯子釣公園釣果より)
カレイさんパッとしないこともあり、行ってみることに。

下道たらたら2時間。
到着、岸壁空いている。
嵐の日以来の空き具合。
周囲はウキ少なく、投げぶっこみが多数派。

サビキを吹き流し形式で投げる。
流れる。
棚は5~8mで試すも、豆アジすらアタリなし。
まったくの暇。

寒いし、気配がないので7時30分~9時まで車で休憩。
寝て、トイレ行って、コンヒニでカップ麺食べた。


復帰。
上げに変わるのを待ってみた。

しばらくして浮きが見当たらない。
聞いてみると、竿先コンコン。

むにょーんと合わせる。
ドラグはゆるゆるに調節。
まきまき。

初めの手応えは25Cmサイズのちいさば。
容易く足元へ寄ってくる。
青い銀影、さばお。
しかし、サイズも小さくない。

足元で反転、〆込む。釣られたことに気づいたみたい。
一度、二度。
予想どおりの抵抗。

しかし、三度、四度と抵抗。
その度にドラグがジー!と出ていく。
いい加減、疲れた。
情けないが、左腕が重い。

少しトラグを締めて右手を添えて抜き上げた。
冒頭写真のサバお。
35~40Cm。
満足した。

サバなのでしっかり合わせる。一発で抜き上げない。が、取り込みのみそ。たぶん。


写真はシメサバ。



シメサバ最高!1匹でも旨い。
何故か、棚5mサビキで釣れたサヨリちゃんも酢で〆た。

家庭事情により10時30分終了。
首都高で1時間。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント