プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

千葉港にサバなし

(写真なし)


10月25日(日)6時~7時、どうかな?
と言うことで、千葉港へ。

暴風、釣りびとなし。
負け戦の匂いしかなし。

一応、サビキを投げてみる。
あっちへ、こっちへ。先端へ。
浅く、深め。

しーん。
かたくちの気配もなし。

1時間少し投げる。も、意味なし。
サバおの姿なし。

あくまてもキロクとして残そう。

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

3年ぶり、お久しぶりのヒイカさま(IY突堤)


写真は3年ぶりのヒイカさま。


10月24日(土)18時30分から21時45分。
土曜日は木更津周辺を偵察(アウトレット送迎ともいう)。
帰宅してクイックターン。
IY突堤へ。

BBさんが電気を灯すと言う。
エギしゃくりテクのないおいらとしては、コバンザメ戦法しかない。

5~6組の電気組あり。
仕掛けを用意。というか、スッテ一式を借りる。
磯竿5、3mは長すぎるので、伸ばさず3mくらいで使用。

ぽっちゃん。
オモリの重さが分からない。底が取れない、と思たら釣れていた。
冒頭写真のヒイカさま。
3年ぶり。
実にあっさり。

以降、本当にポツリポツリ。
我慢してしゃくしゃく(縦の誘い)、ずりずり(横の誘い)。
ときどき、ぷきゅっ。


写真は、貴重なヒイカさま


潮が動かない時間帯は釣れず。
動き始めると、ときどき水面近くを群れで泳いでるのを確認した、

結局10匹あまり。
大漁ではないが、十分。
他人のフンドシ(電気、仕掛け)で得たと言えるでしょう。

獲物は醤油とビールで沖漬けにしてみた。
そんなに美味しいと言う訳ではないが(上手く作れば美味しいのか)、これはこれで楽しい。

写真は漬かったヒイカさま。


BBさん、何から何までお世話になりました。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

サバで運動不足を痛感。今年の初物(F浦)


写真は、本日のトレーニングパートナー


10月18日(日)3時30分~9時30分。
前日の土曜日は痛恨の出勤。
やむなく日曜朝というか、夜中から出撃。

下道を行こうかとも考えたが、首都高で睡眠時間を1時間買う。
さすがに土夜から日朝、混んでる。
帰宅釣り人後に潜り込む(後からもどんどん来る)。

エサはダイエーでマイワシ。
遠くを流す、近くを流す。
しーん。

潮は右から左、風は逆。
釣れる気がしない。

薄明るくなり、ジグを投げてみる。
ただ引き。フォール、ショートピッチ。
しーん。
タチウオくんの気配なし。


すっかり明るくなり、各所からサビキの砲撃始まる。

混雑、投げサビキならば、釣りびとの共同作業となり、リズムを合わせるところなれど、ハーモニー揃わず。
苦戦しながらも潮目に投げる。
周囲でも釣れてる気配ないが、満潮8時30分であり、どんどん投げる。

(恒例の)よそ見してるとウキがない。
イトフケ取り聞いてみる!
お魚反応!
むにょーんと合わせる(吹き流し形式のときは合わせる)。

重い。
巻き巻きできるが、とにかく重い。
足元まで容易く寄ってくるが、重い。
(繰り返した)

際で突っ込む。
ドラグがジヤー。
緩めドラグでいなす。

浮いてくる。
再びジヤー。もう一度の抵抗。
無理せずいなす。

落ち着いてずっぽーん。
嬉しい。
今季初のサバおだ。推定35~40cm。


写真は、さばお



仕掛けは、ウキ4号、キス天秤、カゴ、オモリ6号、30cm撚ってみた、79サビキ7号、(ハリス1、5号)。
つけエサはオキアミとイワシ切り身(タチウオからの転用)。
もしかしてイワシが良かったかも。

周囲でもぽつぽつ、少ないがアタリはあるみたい。
でも少ない。

帰り際にも、よそ見してると、ウキがない。
きたよーん。
まきまき。
重いが寄ってくる。
下に突っ込む。
も一回、突っ込む。
で、ずっぽーん。

腕がしびれてくる。
昔はこんなじゃなかった。
左腕1本でさばおに対処できた。
竿尻を腹に付けるなんてなかった。
運動不足を痛感。

なお、さばおは足下で2度突っ込む。
無理をすると、バラシ、ハリス切れ、針のばしに。


写真はシメサバ



テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

スミイチでもタチウオくん


写真はF3。


10月12日(月、祝)0時から8時。
前夕(正確には前々夕)、F浦で完封負け。
しかも某所で釣れているとの情報。
これは試さねばということで、初めての釣り場へ。

下道2時間30分。
いつもの逆サイド。

爆風、暴風、波かぶり。
釣り人なし。
ひとりぽつん。
できるのか?不安あるも、弱まる予報。
怖いので後ろに下がって腰引け第一投。

流れる。左から右上に。
遠く流れすぎるので、巻く。
ゆっくり。
???何だか重い。
念のためステイ。放置。

ウキ滲んでるような。
まさかのミラクル当たってる?
3分ほどでウキ消える。
糸ふけとって聞いてみる。
コツコツ。

待ってもぐいーんと行かない。
巻いて誘ってもぐいーんなし。
また、しっぽなしか!

すっきりしないが、10分近く耐えて合わせてみた。
!お魚反応。
強引に巻き巻きでずっぽーん。
F3タチウオくん。



第一投からゲット。
大荒れなるも入れ食いかと思いきや。
以降、明るくなるまで粘るも、しーん。
音沙汰なし。

いわゆる「隅1」。
流すコース、棚、エサを変えるも反応なし。
引き出し少ないのもあって、御手上げ。


明るくなった。
サビキに変えてみた。
ウキが沈みきらない。


写真は、マメッチ



高活性もマメアジばかり。
泳がせには最適なサイズ。
貰い物エレベーターで投入もドラマなし。
(貰い物が活躍した場所なのに)


しかし、この釣り場でタチウオくんが釣れることが自分で体験できた。
ゼロでないので、よしとしよう。


写真は、カゴの中にまで入り込むぷーやん



長時間お疲れさまでした。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

痛恨の完封負け、例年なら普通?。F浦タチウオくん

写真なし(無念)


10月10日(土)17時~20時。
夕まづめのタチウオくんを狙ってF浦へ。

お帰り釣り人の後に入る。

いざ投入。

待つ。
薄暗くなって待つ。
すっかり暗くなり待つ。
飽き飽きして待つ。

しかし、当たりなし。まったく気配なし。
周りでも釣れてる気配なし。

あまり粘らずに帰宅。
22時干潮。タイミングが悪かったのか。

完敗。
全くのキロクに。


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント