プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

夏のソウダ祭りの端っこに参加してきたのだ(南房/後編)

140823_2manaita.jpg
【写真は、盛夏の成果】




8月23日(土)7時~9時。
前夜から南房にアジを釣りに来た。
しかし、満足に釣れなんだ。
ならば、ソウダを釣ってお土産にするべし。


てことで、砂山鉄火場へ移動する。
来て見てびっくり。
満員。
向かいに見える軍堤防も満員だ。


やむなく砂山作業場の船のロープの下からサビキを投げることに。
先行釣り人がソウダを弓角で上げた、とのこと。
しかし、おいらのサビキにはチーサバ祭り。
チーサバしか釣れないのかと思ってたら、ブルドーザー作業が始まり、退去。


途方に暮れていたら、遊覧船?が出航。
てことは、そのスペースが空いたはず!

すかさず移動。小さなスペースに入り込む。
もう、その頃には周囲ではサビキ、弓角でソウダがポツポツ上っている。

サビキを投げる。
群れが回ってきたのか、ウキがポコン。
糸が出て行く。
ぐぐぐぐっ、

竿、リールなどの仕掛けはアジ仕様なので、走られる。
巻けない。
「すいませーん!」と周囲に迷惑を掛けながら、寄せて抜き上げる。

ずっぽーん。
パタパタパタ。


【写真は、哀れな姿のソウダくん】
140823_1souda.jpg
(しまった!首なしの写真ばかりに・・・)


その後も、周囲の地元釣り人のアドバイスを受けながら頑張る。
タナはゼロ。
サビキは下オモリ形式で良いが、太くて短くて良い。
針は多くて3本ぐらいで。
色はサビキでも弓角でも何でも、白が良いらしい。

結局、暑い中粘るも2匹のみ。
あたりは10くらいあったが、バラシ多発。
サビキ針(6号)を見たら、伸ばされていた。
強烈な引きで遊んでただけに。

釣り場が広ければ、ヒキを楽しみつつ細い仕掛けで大丈夫だが、
もっと大きい号数で強引に上げるべきだったか。
しかし、今年も夏祭りの端っこにでも参加できて良しとしよう。




冒頭写真は3匹でしたが、釣れたのは2匹?
と気づいても、押してやってください。
お察しのとおり、お祭りのもらい物です。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り ソウダカツオ 館山

南房でアジを狙うも、結局は五目釣りにぐだ(南房/前編)

140822_1takanoha.jpg
【写真は、タカノハダイ】




8月22日(金)24時~23日(土)6時。
かなりの頻度で外房へ通ったが、大きいアジが釣れないか?
と、妄想をふくらまして南房へ。

会社から早めに帰宅して、下道を遠路トロトロ。
黄色い釣具店を経由して目的の中小漁港へ。

誰も居らん。
早速、1本足元へぽっちゃん。

投げサビキを用意していると、、、
ちりりりん!

巻き巻き。
ぐぐぐぐっ。
ずっぽん。

冒頭写真のタカノハダイくん。
釣り上げたときは、お魚の名前知らず。
タイのフォルムなので美味しいのだろう!と期待したが、
後で地元釣りによると「タカノハダイ」美味しいくない、とのこと。



投げサビキを投入。
ウキ、カゴ+オモリ、吹流しサビキ。

ウキがポコポコ。
フグは高活性で大群のよう。


【写真は、ピンボケのぷーやん】
140822_7fugu.jpg



フグに悩まされていると、ウキがキレイに沈む。
まきまき。
ぐぐぐぐっ。
フグとは違う、明確な引き。


【写真は、南房の小アジ
140822_4aji.jpg


【写真は、チーサバ】
140822_3chisaba.jpg



アジ釣れた!
しかし、20cmくらい。これでは外房サイズ。
チーサバ(20cmくらい)も一緒に。

その後は、続かず。
ときどき釣れるのはチーサバとぷーやん。

足元もチリン!と言っても、ぬらぬら。


【写真は、ゴンズイ野郎】
140822_2gon.jpg



釣り船が出始めた。
そろそろ空と海の境目が白くなってきた。

アジの地合の時間帯まであと少し!というところで、雨がポツリ。
そう言えば、夜中の間も南の海上ではビカビカしていた。
満天の星も見えなくなっていた。

やばいのかな?と思ったら、急に強風が巻き起こる。
と同時に、大粒の雨。
ダメだ。
ずぶ濡れになり片付け撤収。

1時間弱車の中で気を失う。


雨脚が弱くなる。
明るくなる。
再開する。

しかし、釣れてくるのは雑魚系。
やっぱり、アジの地合の時間帯は終了していたみたい。


【写真は、ちーバス】
140822_5chibass.jpg


【写真は、終了を告げるメジナさん】
140822_6mejina.jpg



ウキがキレイに沈んだと期待したが、続けて小メジナさんが釣れる。
てことで、本当に片付けて終了。

結局、タカノハダイ、クサフグ、アジ、サバ、ゴンズイ、スズキ、メジナと七目。
も、本命の南房(サイズ)アジなし。
ドラマなく、ぐだぐだ系の五目釣りに終る。





南房まで遠征して、エモノが少なくて困りましたね
と気づいても、押してやってください。
盛り上がりに欠けるため、ブログネタとしても困りものです。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 南房

わらしべミラクル発動なお盆休みの朝まづめ(外房/後編)

140816_6mori.jpg
【写真は、帰宅準備で処理前のエモノたち】




8月15日(金)19時30分~16日(土)7時。
貴重なお盆休みは午後から外房アジ釣り
少し移動してお気に入りの中規模漁港へ。
(お盆休みらしい)


投げサビキを用意。
というか、夕方の竿下サビキはウキを外しただけだった。

ぶーん。
ぽっちゃん。

ウキがポコン。
巻き巻き。
ぐんぐんぐん。

釣れた。
1投目から。
アジくん、居るみたい。


【写真は、夕方の漁港より小ぶりなアジくん】
140816_2aji1.jpg



ウキ8号、カゴ、サビキ7号、オモリ8号。
イカベイトを下から2番目に。
タナは3.5m。
コマセには引き続き粉(白)を添加。

ここ5週、このお気に入り港に入り浸り。
大きくはないが、今日が一番、アジくんが居るかも。
(先行釣り人さん、コマセありがとうでした。)


【写真は、釣れちゃうアジくん】
140816_3aji2.jpg



(休憩・仮眠を挟む)


もうすぐ朝?
て時間帯にウキが横に走る。


【写真は、思ったとおりチイサバ】
140816_4chisaba.jpg



ほったらかしでヘチ際に流れると、不要なお魚も釣れる。


【写真は、暗闇のゴンちゃん】
140816_1gon.jpg



いつもどおり、懲りずに朝方のアジは活かしておく。

明るくなったので、ぶっこむ。
サビキ竿も泳がせに転換。
底、中層のを2本で攻める。

その間に、前夕・今朝のエモノの頭・ハラワタを下処理する。
セミが鳴き出し、すっかり朝になった頃にチリン。

ぶっこみ竿のゆるゆるドラグから糸が出て行く。
ミラクルチャンス発動。
ドラグを締めて、お魚に根掛かりするように大きく緩く合わせる。

ぐんぐんぐん、大物ではないが、フッキングした。
巻き巻き。
白(ウラ)平たいか、黄色と黒の縞々のウネウネか。

来た。白。
ここで「すみませーん。タモ網借りていいですか?」と隣の釣り人にお願い。
お借りして、ゲット。

ここ4週、タモは用意したが使いどころなし。
車に置いてきたときに限って発動。


【写真は、40cm弱のヒラメちゃん】
140816_7left.jpg



その後はシーン。
竿下泳がせもシーン。
カニ巻きタコテンヤもシーン。
も、ほくほく顔で帰宅しましたとな。
外房の海は豊かですね。





何週もぶっこみ続ければ、いつかは釣れますよね、、、
と思っても、押してやってください。
お土産ができてよかったです。

ここ5回の成績は上昇傾向でしたが、
夏の海から秋の海に変わりそうで、かつ雰囲気が変わる気配。
コツを掴みつつあるものの、また来年。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ ヒラメ 外房

ぷるぷる竿下アジサビキでお盆休みの夕まづめ(外房/前編)

140815_6mori.jpg
【写真は、翌朝処理前のエモノたち】




8月15日(金)、15時~18時30分。
貴重なお盆休み。
大部分は大阪へ帰省。
しかし、平日に釣りがしたい!
てことで、帰省を切り上げて、外房へGO!


15時、釣具店から推奨のあった中規模漁港の漁協前へ。
港内にアジが入り込んでいるとの情報。

まだフグしか釣れないとのことなので、タコエギを投げてフラフラ。
足元にポッチャン。
小刻みにチョンチョンしながらテクテク。

こんなので釣れるのか?疑心暗鬼で30分。
何事もなく、疑心のまま終る。
8本足にご縁なし。


まだ明るいが、角で15cm~20cmくらいのアジが釣れ始める。
おいらもサビキに参戦。

ポッチャン。
ウキがシモる。


【写真は、ぷーやん】
140815_1fugu.jpg



フグがいっぱい居るみたい。
ツケ餌はダメ。いかにフグをかわすかがキモみたい。

釣れている常連釣り師の仕掛けを見ると、ウキなし、下カゴ・オモリの竿下方式。
おいらも真似して、ウキあり・上カゴ方式からチェンジ。

しかし、しばらく苦戦。
この釣り場のタナ・操作が分からず。


【写真は、小メジナくん】
140815_3mmejina.jpg



強めにシャクると小メジナくんがスレ掛かり。
フグや小メジナなど小魚がたくさん居るみたい。


【写真は、1匹目のアジくん】
140815_2aji1.jpg



いろいろ試して公式が判明。
(釣れている釣り人の仕掛け・動きを真似る。)
船道の水深は5mあまりしかなさそう。
できるだけ早く沈めて、底付近でシャクッてコマセを噴出してステイ。
待っていると、フグのぷるぷるとは違う、下に突っ込むようなアタリ。

竿は3号-5.3m、サビキ7号、オモリ8号。
コマセには必ず粉を混ぜる。
なお、サビキは100円ではなく300円余りのが、結果的に気分が良いと思う。


【写真は、ぽつぽつ釣れるアジくん】
140815_4aji2.jpg



地合はラッシュというほどではないが、群れがグルグル回遊するのか。
フグ混じりでポツポツ釣れる。

ポッチャン、沈めて、シャクッて、待って。
で、ぐぐぐぐっ。
リールは巻かずに、ぷるぷる感を楽しみつつ抜き上げる。


【写真は、少し大きいアジくん】
140815_5aji3.jpg



10匹に1匹ぐらいの割合で25cm前後のアジくんが混じる。

さすがにお盆。
港内にはファミリー釣り軍団がずらり。
アジ、フグ、小サバ、小メジナ、イワシなどを楽しんでいる。
暗くなる前の時間帯であるが、日陰になるのが早い場所のよう。

暗くなるとラッシュがあるのかもしれないが、十分楽しんだので終了。
(もしも大量に釣ると処理(調理)に苦しむので十分。)




「お盆は釣りなし」と言っていたはずなのに、、、
と思っても、押してやってください。
ご容赦ください。
平日の釣りのつもりでしたが、世の中はすっかりお休み。
ファミリーで満載でした。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

《番外編》千早城攻略!ではなく。金剛登山

140813_1map.jpg
【写真は、登山口の案内板】




8月13日(水)、お盆の帰省中。
墓参りは済ませた。
特段のなすべきことはない。


てことで、小学校の林間学校や耐寒登山で登った金剛山に行ってみることに。
富田林駅から金剛バスで金剛登山口へ。

※バスは平日は1時間に1本程度、土日祝日は2本程度。
 片道540円。
 他に、河内長野駅からもバスがあるようです。

時刻は9時10分、登山開始。
もっとも初心者っぽい登山本道を行く。

歩き始めて2分。
「こんなに急だったっけ?」
舐めてました。
想像より急な上り坂。
早くも後悔。


【写真は、千早城上り口】
140813_2chihaya.jpg



通常であれば、ここで攻城戦を挑むはずであるが、、、
幕府軍10万を跳ね返す山城なので回避。

ウソです。
単に体力がなく、余分な登りを避けて、まっすぐ頂上を目指すことに。

山道は思ったより急。
しかし、よく整備されています。
地元の登山会?のおかげでしょうか。


【写真は、頂上(国見城)】
140813_4top.jpg



山林で直射日光は当らないものの、汗ボトボト。
やっとの思いで頂上へ。
厨房の子供もヘロヘロ。

言っておきますが、小学生ぐらいの子供でも普通に登っています。
単に運動不足の問題のようです。

地元登山会?のHPで見た標準登山時間は1時間20分でしたが、
結局1時間40分かけての登頂でした。

疲れました。
霞んでいて景色もクリアではありませんでしたが、
それでも大阪の最高峰(1100mあまり)。
きもちいい。


【写真は、ご褒美のやわらか】
140813_5soft.jpg



頂上には売店あり。

ロープウェイ山頂駅の方を回って、うどんを食べて降りました。
こちらのルートは大部分が舗装されているものの、登山本道よりも急。
上りには不向きと思われました。

疲れましたが、なんだかすっきり。
ハイキングレベルでしたが、達成感あり。


【写真は、山頂の村営施設】
140813_6museum.jpg



ただし、気になったのが一つ。

商売っ気のなさ。
富田林駅のバス停に登山の案内なし。
金剛バスのHP見つからず。
登山マップぐらいはあるだろうとタカをくくっていたら、何もなし。

登山客が押し寄せると山が荒れることを懸念するのかもしれませんが、
全般的に不親切。
登山客(観光客)を増やす気はないようです。

※参考
千早赤阪村観光協会HP
南海電鉄HP




お盆の帰省は釣りなしですね、
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
翌日はふくらはぎが突っ張ります。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

tag : 金剛山

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント