プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

ハゼでマゴチを狙うも、ナゼだか水面でバシャバシャ(浦安)

140727_1haze.jpg
【写真は、境川のハゼどん】




7月27日(日)の5時30分~9時30分。
暗いうちからの出撃を目論んでいたが、目覚ましを止めていた。
少し出遅れたが、近所の境川でハゼを狙う。

だれも居らん。
いつもなら常連ぽい釣り人が居るはずなのに、、、
皆さん、前日の花火で飲みすぎか。。。

延べ竿2.4M、テナガを釣る仕掛けと同じ。
前日の外房の残りアオイソメで、ぽっちゃん。
ぷるる。


以下、同文。

約30分で10匹ほど確保。
この釣り場は小さいハゼが多い。
数だけなら江戸川放水路にも負けないだろう。



6時30分、千鳥・クリーンセンター裏へ移動。
結構な数の釣り人。

ただし、向かい風で、昨晩からの強風で波ザッパザッパ。
あまり釣れている気配なし。
キスはあまり釣れず、ギマが多いとのこと。

適当なスペースから、ハゼを口掛けでぶーん。
マゴチくん、来い!
磯竿3-530、キス天秤8号、1.5Mセイゴ針。

投げて、待つ、さびく、ときどきポンピング(ハゼを浮かせる)。
も、しーん。
あっちコッチーへ移動も、しーん。

潮が下げてきたので、最後に前に出る。
先端から、ぶーん。
さびさび。

テトラに近いところで、ぐぐぐっ(根掛かりやってもたか?)。
(と天を仰いだら、)おおー、お魚反応!

ついに来たか?と思ったら、すぐに浮いてきた。
かつ水面でバシャバシャ。

万一に備えて用意していたタモで、、、掬えない。
下手すぎる。
(基本的に小物釣り師のおいらはタモデビューして1年未満。
 いつもお魚の上を掬っている)

モタモタしてたら、見かねたシーバスマンが糸を持ってズリ上げてくれた。
お分かりですね。
40~50cmクラスのフッコくんでした。


【写真は、フッコくん】
140727_2fuko.jpg
(写真も下手))





フッコとは言え、ぶっこみに反応があったとは夢がありますね
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
片手で竿、もう一方のタモでモタモタ。
二の腕に疲労感、釣果の割りに釣った感がありました。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 浦安 ハゼ フッコ

盛夏のアジくんは朝の地合なし(外房)

140725_5ajimori.jpg
【写真は、一晩の成果】
(時速1匹?)



7月25日(金)22時30分~26日(土)7時。
このために生きてる?と、とり憑かれたように金夜に外房へ。


大規模漁港を偵察。
結構な数の釣り人の割りに、夜はポツリポツリの様子。
16時-4時の縛りもあるのでパス。


お気に入り中規模漁港へ。
先行釣り人1組あり。釣れてません、とのこと。
朝マズメには釣れるでしょう!と入る。

ぶーん。
ぽっちゃん。

ぴくぴく(沈みきらない)。
まきまき。

ぱたぱた。


【写真は、ハタンポさん】
140725_1hata.jpg


1匹目は赤いお魚だが、小さすぎ。

暑い。
風がない、蒸す。
汗がぽとぽと。

2投目。
ぶーん。
ちょいちょい(さそい)。
ポコン(ウキシ沈み)。
まきまき。
15cmくらいのココのレギュラーサイズ。


【写真は、今日の1匹目】
140725_2aji1.jpg
(横向かれた)


順調に釣れ続くと見せて、続かない。
ときどきウキは沈むが、食いが浅いのか、まきまきの途中でバラシ連発。
クッションゴム30cmを入れて、かつウキが沈むと合わせをくれても、
あまり改善せず。
ペースが上らず。

仕掛けは、8号ウキ、プラカゴ、サビキ7号(某外房釣具店監修)、下オモリ。
ツケ餌は、イカベイト>オキアミ>アオイソメ。
今日もイカベイトが優勢。

タナは3mくらい。
月のない夜のせいか、深くするとアタリがなくなる。
しかも、ウキ止め糸がキッチリ止まらず苦戦。


【写真は、真夜中のアジ
140725_3aji2.jpg



(真夜中は休憩)


再開してもペース上らず。

朝マズメ。
霧が出てきた。

ウキが、、、
しずまない。

???
地合は?

たいてい短くても(10分でも)地合らしいラッシュがあるのだが、
今朝はまったくなし。
濃霧のため、すっきり明るくならないが、まったくも珍しい。

青物が入って、アジが警戒したのか?というわけでもない。
ぶっこみヒラメ狙いも、ウキ泳がせショゴ狙いも反応せず、ドラマなし。
冒頭写真の貧果で帰宅したのでした。
 ※20cmくらいのショゴの姿はありました。
  15cmのアジを泳がせて、食いつけるはずもなし。

ただし、のんびり夜釣り
心地よい疲労感で良しとしよう。


【写真は、数少ない朝の獲物】
140725_4aji3.jpg



〈追記〉

外房の漁港をいくつか偵察して帰宅。

去年、一昨年から釣れ続いていた混雑中規模漁港でさえ、朝マズメ地合なし、とのこと。
また、その隣の中規模漁港も夜にポツリポツリ、とのこと(湾内にボートなし)。
しかし、1箇所だけ釣り人、お魚の高活性の中規模漁港あり。

すっかり明るい時間帯でも、先端、防波堤中ほど、漁協前のいずれも釣り人ずらり。
アジ、イワシ(ウルメ?)、小サバがサビキで釣れ盛り。
外房で唯一の高活性か。
ちゃんと事前にリサーチして、選択すれば山盛りだったかもしれませんね。





2週連続の外房でも、ショゴたんには、なかなか会えませんね。
と思っても、押してやってください。
そのとおりですが、夏の外房も楽しいのです。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

《番外編》浦安花火大会、今年は大雨に降られませんでした。

140726_1hanabi.jpg
【写真は、花火大会】




7月の終わりの土曜日(7月26日)。
隅田川の花火大会と同日といえば、浦安の花火大会。

家族揃って、テクテク。
自宅から徒歩15分。

開始時刻19時30分の1時間ほど前に到着したが、
レジャーシートを引く隙間はあり。
お弁当と泡の出るお茶を少し飲んで待つ。

暗くなって、しばらくすると打ち上る。
どーん、どーん。


【写真は、ぶれ気味の写真】
140726_2hanabi2.jpg


1時間で花火は堪能。
お腹一杯。

風は強かったが、今年は雨なし。
最後まで見られたので、よしとしょう。
(昨年はゲリラ豪雨で途中中止)


【写真は、打ち上げ場所が2箇所なので】
140726_3hanabi.jpg




釣りの話しかと思いきや、まったくの花火話でしたね。
と思っても、ぽちぽち押してやってください。
そのとおりです。
家族対策も十分にしておかないと釣りに出られなくなりますから、、、

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

tag : 浦安

クリーンセンター裏にキスが戻って来たみたい(浦安)

140720_8kissface.jpg
【写真は、キスノアップ】




7月20日(月、祝)17時15分~17時45分。
浦安キスの偵察というか、朝購入したジャリメの投棄のためというか、
千鳥のクリーンセンター裏へキスの偵察へ。


釣り人、パラパラ。
夕方の割りに人が居る方(常連さんよりファミリー多し)。
海の色も青ではなく、赤サビ色。

先行釣り人によると大丈夫とのこと。

磯竿3号-5.3m+キス天秤オモリ6号(朝と同じ)+袖針3号2本針(全長2m)。
浦安ではプレッシャーが強いためか、小さい針、
 細く長いハリスが良いような気がします。

ぶーん。
さび、さび。
くくくくんっ。

1投目から明確なキスらしいアタリ。
冒頭写真のキス
浦安のレギュラーサイズか)


2投目はピンギスが2匹。


【写真は、ピンギスのダブル】
140720_6kiss2.jpg



アタリは比較的ある方。
高活性。
5投げすれば、3~4回はお魚が付いてくるペース。
かつ、やはり貧酸素気味なのか、遠くよりも石畳の際でアタリが多かった。

クリーンセンター裏でキスが回復し良しとしよう。
もちろん、コイツも釣れます。


【写真は、つぶらな瞳のギマくん】
140720_7gima.jpg
(決めポーズ)



この様子ならマゴチ狙いでも行けるのではないですか?
と気づいたら、押してやってください。
そのとおりかもしれません。
次の週末が待ち遠しいです。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 浦安 キス

わらしべ作戦。ハゼ(浦安・境川)でマゴチを狙う(東扇島西公園)

140720_4waniface2.jpg
【写真は、恐竜顔のワニ】





7月20日(月、祝)3時~9時。
三連休の初日は外房へ。
中日は家族対応。
最終日は未明から出撃。


冷凍ビノスを持って、浦安のテナガドックへ。
もちろん誰も居らん。
ぽっちゃん。

待つ。
しーん。

あかん。
釣れる気配なし。
テナガどころか、ハゼも釣れない。
(焦るあせる)


移動だ!

慌てて、ジャリメを購入。
境川のハゼ釣り場へ。

水がない(干潮)。
やむなく、キス仕掛け(袖針3号)でチョイ投げ。
アタリはあるも、なかなかフッキングせず。
効率悪し。
(さらに焦る)

延べ竿3.6mにチェンジ。
ぽっちゃん、ぷるっ。
ぽっちゃん、ぷるっ。
やっと今日の公式が解けた。
(ひと安心)一気に集める。


【写真は、1時間半の調達物】
140720_1haze.jpg
ハゼ、10匹あまり)




(移動)

朝6時なのに、川崎・東扇島西公園は人、人、人。
(ヤヴァい。釣り場所の確保に困る)
大きな水溜りで、多少スペースのあるところへ入れてもらう。

ただし、左右は投げキスと投げサビキ。
1本分まっすぐしか投げられぬ。

磯竿5.3m+キステンビン6号オモリ+1.5Mハリスでセイゴ針。
ハゼどんを口掛けして遠投(まっすぐ)。

セオリーでは、サビいて探り歩くらしいが、
まっすぐ1本分しか投げられないので、サビかず。

放置5分→空あわせポンピング→放置の繰り返し。
どうせ釣れないでしょ、と思っていたら、竿先が30cmほどお辞儀。
反応なしを1分待って、聞いてみる。

大きくないが、何か付いている様子。
怒らせないように慎重に巻き巻き。

ヘタクソなもたもたタモ入れでゲット。
ワニくん。


【写真は、身長32cmのワニゴチくん】
140720_3wani.jpg



その後、2匹目のドジョウを狙い、粘る。
小雨の中を粘る。
カップめんをすすって粘る(7時からの売店が近くて便利)。
も、追加のエモノなし。

竿先に反応がなかったが、一度重みがあり、巻き巻き。
ぐぐぐっ。
先ほどのワニくんより少し大きいかも?

でも、10mほどのところに沈み根があるよね、もっと浮かせた方が良いかな?
と不安になったところで、嫌な手応え。
根掛かり?やっちまったか?と思ったら、ふっと軽くなった。
(おいらヘタクソ)


【写真は、ワニの塩焼き】
140720_5shioyaki.jpg
(白身で、やや淡白)



ハゼどんもなくなってきたので、終了。
テナガが釣れず、ハゼもペースが上らなかったときは、どうしようか!
と不安に思ったが、1匹でもわらしべ成果が出て良しとしよう。
(本当はサイズの良いマゴチが欲しかった)




浦安でマゴチ狙いではなかったのですね
と気づいたら、押してやってください。
そのとおりです。
土日連続でのゲリラ豪雨で、青潮気味のようでしたので、足を伸ばしました。
(川崎は赤茶色でした)

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


続きを読む

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 浦安 ハゼ 東扇島西公園 コチ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント