プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

シリヤケくん、向かい風が強くてアタリが判らなかったよ(川崎)

140525_egi.jpg
【写真は、かじられた?】




5月25日(日)4時~8時。
前日、川崎某所でシリヤケくんをゲットした。
調子に乗った。
また未明から逝ってしまった。


しかし、向かい風が強い。
波のざっぱざぱ。

水深を測って、ぶっさし冷凍アジを投入する。
待つ。
待つ。

しーん。
ウキが戻ってきてしまう。

何度か打ち返していると、ウキが動かなくなる。
???

半信半疑で竿を煽ると、重くなる。
なんだか引いているような気がする。
が、すぐに軽くなる。

外れたみたい。
中途半端なあわせでダメだったみたい。
アジくんの頭がかじられているような、、、


気を取り直して、何度か打ち返す。
少し風が弱まってきた。

仕掛けをエギ+シリヤケのエンペラ(冒頭写真)にしてみた。
ややウキが浮き気味のような気がする。

また、合わせが中途半端だった。
バレタ。
冒頭写真のようにエンペラに穴が開いていた。
かじられた跡か。

で、このままボウズで終了。
アタリらしきはこの2回のみ。
少ないチャンスを取り逃がした。とほほん。
ウデの差か。






調子に乗って二日連続での釣りでしたが、二匹目のドジョウは
ありませんでしたね。と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
タモを用意したら、釣れない。
絵に描いたようなパターンでした。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


tag : 釣り シリヤケイカ

《料理編》シリヤケはアヒージョ?にしてみたのだ

140525_ahi.jpg
【写真は、アヒージョ?】





シリヤケくんを釣った。
捌いて、肉厚部分とゲソに分けた。
堅いので冷凍した。

特にゲソには隠し包丁(明らかな包丁)。
にんにくをオリーブオイルで低温で炒める。
ゲソ、肉厚部分+刻みホンビノスも追加で炒める。
タマネギも入れてみた。
塩コショウしてみた。(これで良いのか)

で、冒頭写真のイタリア風?油煮に。
(あぼがどうふう!と同じ口調でどうぞ)
ビールは空けるでしょう。


【写真は、お刺身】
140525_sasimi.jpg



定番のお刺身。
できる限り細作り。
硬い堅いと言われるが、これはハズレなし。
もっと釣らねば、、、




釣ったイカで遊んでますね、と思っても
気にせず、押してやってください。
今度はイカフライ分が欲しいので、さらに釣りたいところです。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

tag : 釣り シリヤケイカ

モチやシリヤケには少し早かったのかい(K浜)

140518_1kis.jpg
【写真は、貴重なキス




5月18日(日)5時30分~8時30分。
金夜から土朝にかけて東扇島西でシリヤケた。
Kにも来てないか。ついでにモチも来てないか。


てことで、早朝からK浜突堤に。
しかし、釣り人少なし。
赤いサビキ軍団が少ない。イワシが寄っていいないのか。

通り過ぎて、まずは先端のモチポイントで、アオイソメをぶっこむ。
待ち時間にジグを投げる。
いずれも、しーん。気配なし。


シリヤケポイントに戻る。
ぶっさしを投入する。
も、いつまでもエサのマメアジはキレイなまま。

真似をして、キス狙いのアオイソちょい投げをさびく。
ときどきココン!も、フッキングせず。
むっきー!。

小さい針にチェンジして、ようやくの冒頭写真の1匹。
貴重な1匹。
うれしいぞ。
というか、助かった。ボウズ逃れ。

連日釣行の疲労と家庭事情により早めに帰宅。
ヤチオさん、お疲れさまでした。
居られなかったら、1匹も釣れずに全敗になっていたでしょう。





小さなキスでも1匹は1匹と励ましていただけるなら、
押してやってください。
助かります。
まだ、磯竿バキッの傷が癒えません。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 検見川浜 キス

さすらったうえでのシリヤケくん遭遇(川崎)

140524_manaita.jpg
【写真は、貴重な1匹】
(携帯カメラ不調のため、現地写真なし




5月24日(土)4時30分~9時。
金夜は社用にて、出撃できず。
ひと寝入りして、暗いうちに川崎方面へ出撃。


この時間からでは、いつもの東扇島西公園では釣り場所の確保が困難。
違うところを試してみることに、、、

事前にめぼしをつけていたポイントへ入る。
墨跡なし、シーバスマンのみ。
一応、水深を図ったうえで、マメアジぶっさし仕掛けを投入。

流す。
流す。

しーん。
しーん。

シーバスマンが、もうすぐ鈴木さんを釣り上げた。

移動だ!



もしかして、ポイント2にを偵察。
墨跡らしき形跡1つあり。

ただし、周囲はぶっこみ、投げ釣り集団しか居らず。
仮に釣れたとしても、マグレの域を出ない釣り場なのか。



めぼしをつけていた1・2ポイントがアウト。
途方に暮れてウロウロしていると、、、

遠くに釣り人の姿。
あれこれ試して、川崎某所に行き着く。

数名の釣り人あり。シーバスマンとエサ巻きエギ師。
墨跡あり。

情報収集しながら、らしきポイントへ入る。
水深を測って、ぶっさし仕掛けを投入。

良い天気。
よそ見していると、沈んではいないが、ウキの位置が変わったような。。。
念のため、むにょーんと竿をあおると、ボロ雑巾が釣れた手応え。

巻き巻きすると、あまり引かないが、シリヤケくんが上ってきた。
水面でブシューブシュー(やっと釣られたことに気づいたみたい)。

横着してタモ網を車において来た。
そのまま上げるしかない。勢いつけて、、、
ぶっこ、、、抜けた、、、痛恨のバラシ。


気を取り直そう。
流す。
流す。

しばらくして、ウキが少し浮いているような気がする。
今度も念のため、むにょーんと竿をあおると、、、

同上。
(ぶっこ抜けなかったところまで、まったく同じ。とほほ。)

隣の常連ぽいシリヤケ師いわく、
「強引に引っ張っちゃダメだよ~。タモ使わなきゃだめだよ~」と。
☆にょ曰く「タモ持ってこなかった。次はお願いしま~す」と。


気を取り直して投入。
すぐに今度はウキが少し沈んでいるような気がする。
今度は針掛かりを意識して強めに竿を煽る。

と、三たびボロ雑巾が釣れた手応え。
巻き巻き。ぶしゅーぶしゅー。
隣のシリヤケ師と目が合う。

☆にょ「お願いしまーす!」。
さすがベテランぽい釣り師。安定感あるタモ入れ。

少し小さめ、女性用スニーカーぐらいの大きさのシリヤケくん。
うれしいぞ。

その後もしばらく流したが、あたりなし。
周囲でも気配なし。
粘らずに終了!

1匹でもエモノを確保できたので良しとしよう。
で、今回の教訓は「横着せず、タモを持ち歩こう!」でした。




1匹でもゲットできて良かったですね、と思ったら
押してやってください。
そのとおりです。釣り場でのコミュニケーションは必要ですね。
釣りの幅が広がりました。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り シリヤケイカ 川崎

今年の初物のシリヤケくん、やっとこだよん(東扇島西公園)

140517_3shiri.jpg
【写真は、〆たと思ったのだけれども】




5月16日(金)22時30分~17日(土)8時。
金夜は釣りだ。
てことで、帰社して、夕飯食べて出撃。


さすがです。
西公園は混雑が激しいです。
おいらより、いかれている?釣り人が多数です。
この時間で、なんとか先端「付近」を確保。

釣り人は、殆どがシリヤケ狙い。
エサ釣り人が6、エギンガー2、朝マズメアジ1の割合か。

おいらもアジのぶっ刺しを投入。
ゆっくり右から左へ流れる。
3投目ぐらいで早速、ウキが食い上げ?

あれれ???
と半信半疑で軽くあわせると、抜けた!
ドラグを緩めすぎた。
今季初のアタリはミスからのスタート。


すぐに釣れるだろうとタカをくくっていたが、その後反応なし。
隣のエギンガーがブシュブシュ言わせている。
少し、あせる。

待ち時間が長い。パンをかじる。
ウキが20cm沈む。ひと呼吸おいてさらに沈む。
大きめに合わせる。

スニーカーが釣れた重み。
強引めに巻き巻き。
すぐに水面でブシューブシュー。

ぶち抜こうかとも思ったが、半年前に購入して、
未だに出番のなかったタモをスタンバイ済み。
左手に竿、右手にタモ。
スルスル。よく判らぬが、届かぬ。

モタモタしてたら、周囲の釣り人が竿を持ってくれた。
ようやくタモ入れ完了。
(超モタモタ。よく外れなかったもんだ)


【写真は、今季の初物シリヤケくん】
140517_1shiri.jpg




(休憩を挟む)

夜明け前から再開。
さらに釣り人増えている。
ぶっさし仕掛けを投入するも、ウキに反応なし。

薄明るくなると、周囲でポツポツとアジ、イワシが上っている。
ようやく先端でシリヤケが上りだす。

しかし、おいらのウキは沈まない。
満潮、潮止まり前、ぷち地合か。
先端中心に周囲でシリヤケがポツポツ上る。

いつまで経ってもおいらのウキは沈まない。
ぶっさしよりエサ巻きエギの方が良いのか、タナがあってなかったのか。

すっかり明るくなり、周囲でも上がらなくなったので終了。
「爆」とか「入れ食い」とか「好調」とは縁遠い結果であったが、
1匹でも初物がゲットできたので良しとしよう。
(タモも入魂できたし)


【写真は、釣り人満員の夜明け】
140517_2sunrise.jpg





とりあえず1匹ゲットできてよかったですね、と安心したら
押してやってください。
そのとおりです。
しかし、満員で、のどかな釣り場とは、ほど遠いです。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 川崎 シリヤケイカ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント