プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

つり時々めし(タイトルはパクリ)

※本命に逃げられ、傷心を癒すために食べ物に走ってしまいました。
 ついでにリコモンドされていたタンタンメンを思い出し、
 ついでにタイトルもパクらせていただきました。
 HANZOさん申し訳ありません。



【写真は、勝浦タンタンメン】
131124_6sinden.jpg




11月23日(土、祝)外房でアジくんを釣った。
ヒラメちゃんには逃げられた。
ストレスは食べ物で解消する!てことで勝浦からの帰り道にある
「しんでん」に逝ってみた。

お昼前だったので、近所の若者であふれていた。
おめあての勝浦タンタンメンと大盛りごはんをたのんだ。
冒頭写真。

強烈に辛かった。
殺人的刺激物とも思った。
四川麻婆以来の辛み。
頭から汗がしたたる。
でも美味かった。
2年ぶりに食べたので、また2年後に食べに来るかも。



【写真は、ぎょうざ倶楽部会員証と夕飯】
131124_7ousho.jpg
※会員証は王将好きの証明書



------------------


【写真は、なめろう】
131124_9namerou.jpg


今回は釣ったアジを食べる用に慎重に処理した。
すぐに血抜きして、現地で内臓・血合いを処理した。
エモノに対して氷が多かった。

※たくさん釣れなかったので、時間が余りまくりのため、
 十分に下処理のための時間があった。

美味い。今回のなめろうが一番デキが良い。


【写真は、アジフライ、サバフライ】
131124_ajifly.jpg



アジフライにはチーズか梅干を挟んだ。
とっても良いデキ。
美味かった。
野郎どもに好評だった。




エモノが少なかったからとはいえ、パクり過ぎでしょう。
カロリーも気にすべき年齢では?と思ったら、押してやってくだされ。
傷心でも体重が減ることはありません。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

つうこんのいちげき、たもいれしっぱいでしょう(そとぼう)

131124_8manaita.jpg
【写真は、本日のエモノたち】




11月22日(金)22時30分~23日(土、祝)10時30分。
この瞬間のために働いてる?
(会社のみなさん、このブログを見てはいけません)
最近とみに病気が悪化しているよう。

てことで、先週の忘れ物を回収すべく、外房の中規模漁港の先端へ。
ただし、先週とは少し場所を変えてみた。
2年ぶりぐらいの漁港。


先端には誰もおらん。1番乗り。
不安を抱えながらサビキを投入。
タナを探りながら投入。

しかし、しーん。
釣れるのは流れ藻ばかり。
(ヤバイ、今までのパターンから流れ藻の中にはアジはいない)

少し投入箇所を変えると、、、、


【写真は、闇夜のクサフグ部隊の先鋒】
131122_1fugu1.jpg


【写真は、1つの針にダブルクサフグ】
131122_2fugu2.jpg


【写真は、仕方がないので、膨らませて遊ぶクサフグ】
131122_5fugu3.jpg


しばらく、フグ風呂で遊ぶ。
で、エモノを獲得すべく、ちょいなげを試行してみるも、、、、


【写真は、闇夜のごんんちゃん】
131122_3gon.jpg



海底は、ゴンズイで溢れているらしい。
今のところのおいらの海中のイメージは、海底にはゴンズイ、中層にはフグ。
アジくんはどこにいるのだろうか。


1時間半ほどやって、遠くに投げたウキがポコポコ。
遠くに居たみたい。
流れ藻も少なくなってきた。


【写真は、ようやくのアジくん】
131122_4aji1.jpg



【写真は、居ないわけではないアジくん】
131122_5aji2.jpg



同じ場所に投げると、ときどきウキがポコポコ。
少しだけ釣れた。
3時間近くやって3匹だけ。渋すぎる。
今夜も月が明るい。



(仮眠後、再開)

釣り人が増えているが、釣れている気配なし。
投げると1投目からウキが沈んだような。。。


【写真は、再開後1匹目】
131123_1aji3.jpg


型は小さくなったが、幸先良し。
前夜からオキアミ、アオイソメのツケ餌を付けた針に掛かっている。
付けていないサビキ針に食いつく日とツケ餌優勢の日があるが、今夜は後者。


【写真は、2匹目】
131123_2aji4.jpg



渋めだが、ポツリ釣りとレギュラーサイズのアジが上がってくる。


やがて漁船の出撃、薄明るくなり始めると、ペースが上がるが、
マメ豆まめにサイズが小さくなり始める。


【写真は、ジンタサイズの鈴なり】
131123_3ajirenn5.jpg




ここで外房へ来た理由を思い出す。
ここからが本編だ!1本ぶっこむ。
ぶっこみながら、弾(マメアジ)を釣る。

しばらくして、ぶっこみを回収してみる。
かじられた跡あり。
針掛かりしなかったが、居るらしい。

期待しつつ再投入。
今度は放置時間を短めに聞いてみる。

ぐんぐんぐん(お魚反応)。
おー!きたー!
ドラグを調節しながら、ゆっくり巻き巻き。
手応え的には平べったいが、大物ではない引き。

ゆらーっと、上がってきたの30~40cmクラスのヒラメちゃん。
隣の釣り人がタモ網を下ろしてくれている。
誘導してネットイン!

したはずが、入ってなかった。
おまけに2本針の1方が網に引っかかって、ヒラメちゃんはさようなら。
とほほん。もう少し慎重に対応すべきだった。

このときは活性が高いので、まだチャンスがあるだろうと思っていた。
が、、、ときどき齧られたような跡はのこるものの、針掛かりせず。



【写真は、サバお】
131123_5saba.jpg



【写真は、なぞのハゼ系のお魚】
131123_4hazekei.jpg



ぶっこみ弾の補充、かつ待ち時間を埋めるため、さびくと
マメアジやフグや上記写真のようなお魚が癒してくれた。
結局、タモ入れ失敗が致命傷、痛恨の一撃に。

先週の堅い竿、堅い糸?によるハリス切れを反省し、
柔らかい竿、柔らかい糸で取り込みにまで持ち込んだものの、
今週も未練の残る遠征となった。

二度あることは三度ある?
2~3ヶ月前のタチウオのように追いかけ続けるのか!
今秋の外房の対ヒラメ戦は2戦2敗に。




しつこく来週もまたヒラメを追い掛け回しますよね
と思ったら、押してやってくだされ。
そうしたいところですが、ヒイカも気になりますし、
遠征が続くと予算的にもきつくなります。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

ねずみ海は冬の海。お魚より釣り人の方が多いかもん

131117_2nezumi.jpg
【写真は、ねずみ海】
(お魚の写真が欲しいところ)




11月17日(日)6時30分~7時30分。
近所の浦安の海に出た。
前日の釣行で体力を消耗しきった。近所に出撃した。


カレイが釣れないかと、前日残りのアオイソメを投げる。
待つ、まつ、マツ。
しーん。


待ってる間、退屈なので、遠くの潮目の鳥を目掛けてジグを投げる。
スピンテイルを投げる、スプーンを投げる。

巻き巻き。

しーん。


【写真は、何時までも新鮮なイソメ】
131117_1isome.jpg



結局おいらは、しーん。ぼうず。
周囲ではシーバスはパラパラ上がってました。
ただし、釣り人の方が圧倒的に多い。
しかしながら、ギャングではエモノがあるらしい。

すっかり冬の海に移行してしまったよう。





浦安の海も終了!なんですね、また来年ですね
と思ったら、押してやってくだされ。
もう1回ぐらい追加で出撃しようかな。
でも。おいらの野望はまた来年かもん。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 浦安

《外房延長戦》ぶち切って逃亡したのは、何処のどいつだ?

131116_4fly.jpg
【写真は、アジフライたち】
(姿見ずのため、お料理写真でにごす。みたいな、、、)




11月16日(土)7時30分~11時。
前夜から外房の大きめの漁港でアジ釣りに励んだが、
エモノが少ない。不完全燃焼気味。


延長戦を求めて、近くの中規模漁港を覗くと、、、
アジ釣れてるじゃん。
すっかり明るくなってるが、たった今、釣れ始めたとのこと。

前夜、早朝は不発であったが、2局目は良い配牌かも。
フレンドリーを装いつつ、端っこに入れてもらって、サビキを投入。
太陽に向って投げるので、ウキはまったく見えない。

適当にカウントして巻き巻き。
何か付いている感触。

釣れた。
マメ、まめ、豆、外房サイズ。


【写真は、4匹釣れた】
131116_1aji.jpg



不完全燃焼気味だったので、小さくともうれしい。
地合が何時まで続くかわからないので、続けて投げる。

しばらく待って、巻き巻き。
マメ、外房サイズ。

しかし、待ちすぎると、藻に潜られて、仕掛けをロスト。
時間をロス。
10匹ほど釣って、地合終了。


【写真は、終了の合図】
131116_2fugu.jpg
(堤防のピンポン玉)



比較的サイズの良いアジを〆て、クーラーに。
豆サイズを蓋付き水汲みバケツにキープ。

1本、背掛けにして、ぶっこむ。
1本、アオリ狙いのウキで浮かべる。
(コロッケサイズを目撃)

ウキ竿を持っていると、放置していたぶっこみ竿がヂリリン!
近くの釣り人が竿尻を抑えて、呼んでくれている。
ドラグを緩めていたが、ガンガン出ている。

ダッシュして、ドラグを締めて、竿を立てる。
どががががん!
シーバスか青物系の手応えか。
ドラグを使ってゆっくり巻いたが、ふっ!
痛恨のハリス切れ。


気を取り直して、針を変えて、再投入。
しばらくすると、小さくチリン?
待つ、待つ、糸ふけ!

1、2、3、、、10カウントして竿を立てる。
根掛かり???
ん?ぐーんぐーんぐーん。でかい?ど本命の気配?
ふっ!(再びのハリス切れ)

むっきー!三度目の投入。
おいらのウキには反応がないが、
隣のウキ釣り人がソゲより少し大きいくらいのサイズを上げた。
居るいる。


時計を見ると10時を回っている。帰路の時間を考慮すると、やめ時。
マメも使い切り、残弾なし。
ウキ竿を片付け始めると、今週も河底撈魚か。
ぶっこみのチリリン!とともに糸が出て行く。

竿を立ててゆっくり巻き始める。
ぐんぐんぐん。平べったい感じの手応え。
きたかもんラストチャンス!

とおもたら、二度あることは三度ある。
「ヒラメ仕掛け、換え針2本」と記載された商品であったが、
結局全部切られ。(今週もフリテン?)


帰ろう!
ちょっとドキドキできた。ということに無理やり良しとしよう!





どきどきしたものの、お魚の写真がないので、ウツボかもしれませんね
と思っても、黙って押してやってください。
姿を見なかったので、あくまで想像。希望的観測、
逃がした魚は大きかった、いうことにしておきましょう。
(大人の解決。とほほん)

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

数は少ないが、型は良かったのだ。外房のアジくん

131116_3manaita.jpg
【写真は、まな板に載せられたエモノたち】




11月15日(金)22時~16日(土)6時30分。
週末に釣りに行くために働いているのかもしれない。
おいら狂ってるかも。
という訳で、会社から早めに帰宅。そのままタッチ&ゴー。



釣具屋さんを経由して、外房の大規模漁港を偵察。
マメアジが釣れている。
どうしようかと迷ったが、次の大き目の漁港へ移動する。



初めての漁港であるが、だれもおらん。
突堤1番乗り。
朝夕は常連さんで満員の気配であるが、無人。
ここでやってみよう。

ウキ⇒カゴ⇒サビキ5号⇒オモリ8号のオーソドックス仕掛けを
明かりの周りに投入。
(深さが判らぬから、3mからスタートして調節する)

しーん。
深さ、投入箇所を変えてみるも、しーん。
他に釣り人がいないと、場所はとり放題だけど、
投入ポイントを教えてもらうこともできない。

思い切って、明かりからは遠いが、外側遠めに投げてみると。
ウキがポコポコしてるような気がする。
まきまき。


【写真は、今日の1号】
131115_4aji2.jpg



20cmくらいのアジくん。
外房ではやや大きめ。
釣れて、安心した。
ただし、一番下の針にはゴンちゃん(すぐにご帰宅)。
タナが深すぎるのか。

このあたりで、他の釣り人がぞくぞく登場。
釣りポイントを尋ねると、やはり外側だと。

しかし、ウキが沈まない。釣れない。
やむなくエモノを増産するため、キスが釣れないかと、
アオイソメを付けてぶっこむが、、、

ゴンちゃん。
ゴンちゃん。
ゴンちゃん。

ダメだ。
海の底には、でっかいゴンズイ玉が渦巻いてるらしい。


気を取り直して、サビキでアジを狙うが、ほとんどウキが沈まない。
3時間ほど頑張って、やっと3匹。


【写真は、前半戦の少ない獲物】
131115_2ajibaketsu.jpg





(仮眠後、3時30分起床。)
夜中の釣果を聞くが、ほとんど上がってないらしい。

ほぼ満月で、とても明るい。
どちらかと言うと、あまり釣れない空。
朝マズメに期待してサビキを投げ続ける。

5時過ぎ、隣の釣り人がアジを上げた。
おいらもウキも沈んだような気がする。

ぐんぐんぐん。
いつもよりも良い引き。
まきまき。


【写真では判り難いが、大きめのアジ
131115_1aji.jpg



25cmくらいのアジくん。
外房にしては大きい。テンション上がる!
周囲でもパラッパラッと上がり始める。
地合か!

どんどん投げる。
ときどきウキが沈む。
しかし、明るくなり始める。

と、終了!
一瞬にして地合が終了。
短かすぎる。

周囲でもウキが沈まなくなる。
常連さんたちが片付けて、帰宅を始める。


結局、早朝編は25cmクラス2匹を含む5匹ぐらいに沈む。
トータルで10匹に満たない。
不完全燃焼に終る。


【写真では判り難いが、大きな満月】
131115_3moon.jpg




高速代を使って、睡眠時間を削って、貧相な結果ですね
と思ったら、押してやってくだされ。
そのとおりです。
少し大きめとか、釣りができたから良かったとか
言い繕いたいところですが、物足りない結果です。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント