プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安から明石にお引っ越し

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

激寒、身も心も凍る。最近、お魚を見てない(川崎)

130126asahi_entotsu.jpg
【写真は、とても寒い空】
(とほほ・・・だ)




1月26日(土)6時~8時。
週末の釣りを心待ちにして、ウィークデーを乗り切っている。
金夜だ。
仕事から帰宅して、レッツゴー。


川崎の釣具店でアオイソメを購入するついでに、
西公園の状況を聞いてみると、
釣具店員さん曰く
「戻りは夜釣れませんよ、日中です。産卵カレイは夜ですが・・・」と。


なんですと!
(このときの「途方に暮れる感」を何と言い表せばよいのか?
 知らんかった。恥ずかしながら勉強になりまする。)

時刻は22時。夜明けまで8時間。
冷え込みの厳しい夜に待てませぬ。
一旦帰宅だ。
(家族に怪訝な顔をされるも、風呂入っ一旦て眠る)



土朝4時30分起床。
再び東扇島西公園へ向う。
まだ暗い5時30分、岸壁先端付近へ。


駄目だ。
既にほぼ満杯。かつ風も強くて激寒。
ここに無理して割り込む、あるいは外れたポジンションに収まる
価値があるのか?



心が折れて、移動。
サイドチェンジ。
既にヘッドライト不要の明るさ。
こちらも風が強いが、林に身を隠せば風が凌げる。


アオイソメで4本ぶっこむ。


待つ。
パンをかじりながら待つ。
ケータイ見ながら待つ。
ウロウロしながら待つ。

しーん。
遠くへ投げると、エサがちびてくるが、針掛かりはしない。
カニかチビアナゴのいたずらか。

周囲にはシーバスマンは居るが、投げ師は居ない気配。

物陰から出ると、風が強い。
しかも冷たい。
エサを使い切って早く帰ろう。という気になる。
何も起こらぬまま、我慢大会は2時間ほどで終了。
帰宅したのだ。




寒さ対策は重要ですね
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
靴下二重にパッチ、ズボンの上にももう一枚。
貼るカイロを両甲、両ふくらはぎでも効きません。
(釣れたら不思議と寒くないのですが・・・)

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 川崎 カレイ

浦安でなんぞ釣れるお魚さんはいらっしゃいませんか?


130119darknight.jpg
【写真は、暗い浦安の海】
(初っ端から敗退の気配)




1月19日(土)17時~18時30分。
毎週の遠征は、懐的にも体力的にも過程対策的にもキツイ。
てことで、近所でなんぞ釣れるお魚さんはいらっしゃいませんか?
と考えて、1月3日にエサ釣りでセイゴ・フッコがたくさん釣れた
近所の海に出かけてみる。



夕暮れ前に到着。(近い、らくチン)
1本、胴付きにアジの切り身を付けてぽっちゃん。
(アジの切り身は2ヶ月ほど前に東扇島での冷凍エモノ)

何か、釣れるといいな!と放置する。
しかし、とっても浅い。干潮らしい。



待つだけだと寒いので、もう1本はルアーで狙ってみる。
苦手種目の練習だ。

まず、ジグを投げてみる。
ダダ引き、ロングジャーク、ショートジャーク。


しかし、しーん。
時々釣れるのは、底から得体の知れないアメフラシ?もどき?
のような生命体のみ。


スピンテイルやミノーにも変えてみたが、状況変わらず。



エサにもまったく反応なし。
メバルやカサゴはなくとも、ちびセイゴぐらいなら釣れるのではないか?
と、甘く見てました。
やはりおいらのウデではアオイソメの力を借りないとダメみたいです。


てことで、1時間半ほどで、あきらめて終了。
まさにお寒い結果となってしまいました。
とほほ。





寒いからって、お魚を釣るのに手を抜きすぎではないですか?
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
ブログネタには困るけど、寒い時期にあまり無理する必要ない
と自分を甘やかしてみました。
よさ気な対象魚ありましたら・・・教えてくだされ。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

tag : 浦安 釣り

《料理編》外房アジをいただいちゃうのだ。

130113snow_sinura.jpg
【写真は、14日(月、祝)の雪の新浦安】




1月12日(土)に外房アジの入れ食いを楽しんだ。
おいらの小さなクーラー一杯を持ち帰った。

帰路、CPPを偵察。祭りの気配なし。
奮戦中のBBさんを発見し、アジたちをいくらか引き取っていただく。
(釣るのは楽しいが、大量に捌くのは苦痛なので、助かった。)




【写真は、お刺身になったアジ
130111_9osasimi.jpg


普通のタイプと、塩とごま油あえに2種類を作成。
少しつまむぐらいの量が適量。




【写真は、巻き寿司になったアジ
130113ajisusi.jpg


アジを作成して、これをシーチキンと一緒に巻いた。
酢が足りなかった。パンチが足りず。




【写真は、開きになったアジ
130113ajiyaki.jpg


アジを開いて、濃いめの食塩水に漬けて、さっと水で洗って
冷蔵庫で一晩キャリー。
塩加減も丁度。やはり定番でハズレなし。




【写真は、油で揚げられたアジ】
130113ajifly.jpg


唐揚げ粉が美味い。
また、この唐揚げをマリネ液に漬けた。


釣った後もいろいろ楽しめる。
大きいのが釣れると、調理が楽だな・・・。
などと贅沢な感想に浸るのでした・・・。




いつも楽しいそうに調理していますね
と思ったら、押してやってください。
しかしながら、眠い中で捌くのは大変なのです。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

tag : 釣り アジ 外房

次の漁港でも明るくなってからもアジが釣れ続け(外房②)

130111_7ajibakestu.jpg
【写真は、お腹一杯なので、少しだけ追加したアジ



1月12日(土)9時~11時。
夜中から外房アジを釣った。
コマセ・エサが残っているので、もう少し彷徨ってみよう。



てことで、移動。
大きな漁港へ行ってみる。

とってもマッタリ。
明るくなってかなり経つとはいえ、釣り人少ない。
かつ、内側も外側もまったく釣れていない。
(釣具店の情報が正確)



短距離を移動。
小規模の港。

ここは1年ほど前にエンピツサヨリを釣った場所。
しかし、常連釣り人の姿なし。
海水は超澄み澄み。
お魚の気配なし。



さらに移動。
中規模の漁港。

突堤先端には釣り人の姿なしも、堤防半ば・港内に高活性の釣り人あり。
どうやらサビキでアジが釣れている様子。
好天、海水クリアでコマセに群がるアジの黒い影が見える。


おいらもサビキ軍団の横に入る。
もう数が不要なのでフカセでチャレンジしてみる。
(正直なところ、数釣り優先でサビキを足元に垂らせば
 100はすぐに達成できそうな気配)


3mほど先に投入。
コマセをウキの周りに、ぽっちゃん。
煙幕が広がると、底の方から黒い影が集まってくる。
コマセにキラッキラッと光る。


おいらの集魚板もキラッ。
続けて、玉ウキが沈む(格安固定式)。
釣れた。


【写真は、日中のアジ
130111_5aji4m.jpg
(幻惑)



このアジは、さらにヒラメ用ぶっこみ仕掛けで投入。
待つ間、まったりとフカセアジのプルプル感を楽しむ。

フカセ投入。
コマセ少量を投げ入れ。
下から黒いアジ艦隊が集結。
煙幕に群がる。
集魚板がキラッ。
玉ウキが少し沈む。
(0.5秒でアジが針掛かりしたことに気づき)
ウキが遠く、かつ底までぴゅーっと。

この繰り返し。
とてもアジがエサを食べる姿が勉強になった。


【写真は、明るいアジ】
130111_6aji5m.jpg
(こっち)


周囲のサビキ軍団もアジを釣り続けている。
前日も明るい間は好調だったらしい。

クーラーの容量を考慮して1時間少々で終了。
帰路に。
十分に当初の目的であった数釣りは達成できた。
なお、ぶっこみ仕掛けはここでも無反応。





やはり大きいお魚が釣りたくて粘ったのですね
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
数釣りはお腹一杯だったので、他のお魚を追加したかったのです。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

飽きるくらいのアジ入れ食い(外房)

130111_8ajicooler.jpg
【写真は、小さいクーラーに満杯】



1月12日(土)0時~7時。
奥湾は釣りものが少なくなってきた。
でも、たくさん釣りたい。
てことで、外房へ逃避することに。


いつもと経路を変えて向い、途中の釣具屋さんでエサ等を調達。
投げサビキポイントをヒアリング。


下見実施済みも、初めての漁港・突堤に到着。
幸い1番乗り。
(1700円を支払ってワープした効果か)


ど干潮。
まず、重めのオモリを付けて水深を測ってみる。
10m?

ウキ止め糸が苦手で上手く計測できない。
適当に割り切って投げサビキを投入する。


おまけにケミホタルが古いのか、よく見えない。
(寄る年波で、さらに視力が低下しているのかもしれない)
ウキが引いているのか、寝ているのかもよく判らず。
しかし、ツケ餌は消えている。
水深計測開始から30分ほど、あーだ、こーだと時間を浪費している。


ケミホタルを取替え、5~6mに変えてみる。
ウキが沈んでいるような・・・?
竿を立てて聞いてみると・・・!。
グングングンとお魚の感触。


釣れた。
今日の1匹目。
20cm前後のレギュラーサイズ。


【写真は、今日の1匹目】
130111_1aji1.jpg
(これが今日のヒントだ)



次も釣れる。
その次も釣れる。
その次の次も釣れる。
5投連続でレギュラーサイズのアジが釣れる。


その次は大物が釣れる。
わかめ?こんぶ?海草が釣れた。
タナぼけ。

(ウキ止め糸が苦手)
タナを修正して、また釣れた。
もしかして、アジ風呂?
ただし、足元より20~30mほど先が良いみたい。


突堤先端には投げサビキ師、アジンガーが増えてきた。
順調に釣れ続くが、朝までぶっ通しは辛いので、
2:30頃から1時間ほど車に戻って仮眠。


【写真は、9:1くらいで混じるプーヤン】
130111_4fugu.jpg



3:30頃突堤に復帰。
アジンガーが増えている。ただし、あまり釣れている気配なし。


投げサビキの投入を再開。
すぐにウキが沈む。アジ風呂継続中。
サビキであれば掛かるみたい。

今日は@330円のサビキを購入してきた。
オキアミやツケ餌をつけていない針に掛かる。
普段は格安サビキを使用しているが、価格以上に効果があるように感じる。
(糸の剛性も強いようで、絡みもほどけ易い)


5時頃には地合か。
周囲のアジンガーたちも順調に釣れ始める。

投げサビキのウキも沈む。
(ウキ止め糸を結び直して、タナぼけ問題も解消済み。)
ていうか、飽きる。

ツケ餌はオキアミとアオイソメ。
付けてない針にも掛かる。
ゼイタクであるが、面白みに欠けるぐらい。


【写真は、レギュラーアジ】
130111_2aji2.jpg



6時を過ぎて、明るくなり始めても釣れ続けている。
おいらの小容量クーラーも満杯が近い。
アジングロッドは持っていないので、
シーバスロッドでアオイソメを付けてなんちゃってアジング。


キャスト。
竿がごつくて、アクションできないのでフォール単品。
でも、ブルン!
プルプルを楽しみながら、巻き巻き。


これも数匹釣って飽きた。
(ていうか、おいらもアジングロッドが欲しい。)


ヒラメ狙いにチェンジ。
水汲みバケツに活かしておいた豆アジをぶっこむ。
しかし、こちらの竿は無反応。
(明るくなってもアジが高活性てことは、外敵が居ないってこと?)

7時頃。
十分に釣って(飽きて)終了。
寒くなくて幸い。
たくさんを釣ると言う当初の目的を果たして釣り場を後にしました、とな。

ちなみに、イワシ回遊はなく、鳥山なし。
赤や青の気配なし。
突堤外側にジグ遠投の釣り人の竿は無反応でした。


【写真は、かわいいアジ】
130111_3aji3.jpg




入れ食いを楽しめて、遠征した甲斐がありましたね
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。
朝方の大きいのが欲しかったのですが、贅沢でしょうか。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント