プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

《番外編》ふなばしアンデルセン公園

110130tube.jpg

【写真は、自然と身体が動かせる遊具】


1月30日(日)、11:00~13:00。
フィールド・アスレチックを目当てに、
ふなばしアンデルセン公園へ行くことに。
いつも釣りばかりだと、お父さんの点数が下がってしまうため、
下の子(小5)を連れて車で約1時間。外房よりかなり近い。


駐車場500円、入場料大人900円、子供200円を支払って入場。


目的のアスレッチクゾーン。


さすがに冬なので満員でなく、ほどよい子供たちの数。


早速、子供と一緒に遊具の中に。
日ごろの運動不足解消を目指そう!


【写真は、遊具に突入】
110130tonnel.jpg


バランス系はなんとかしのげるが、パワー系になると辛い。
昔は(かなり昔の話)、片手で身体を引っ張り上げることができたが、
今は無理。どころか、油断すると脇や背中がつる。


子供とゆっくり、アスレチックゾーンを回る。


幸い、日差しが暖かい。
1時間も回ると身体がポカポカ。
自然と身体を動かすのでとても良いような気がする。


【写真は、ロープでぶら下がり】
110130rope.jpg
(自分でやってみると、自分の無駄な体重が負担だ)



疲れたところで、池の横の売店でホットドックを食べて休憩。


どうやら子供も運動不足なのか、早くもバテ気味。


うろうろしていると、アンデルセンなだけにメルヘンチックな建物や
小動物のゾーンも。


【写真は、ひなたぼっこ中のヤギ子?】
110130goat.jpg



アスレチックと散歩とおやつで2時間弱。
日ごろの運動不足を痛感しつつ終了。
帰り道にラーメンを食べて帰宅(カロリー超?)。


幼児から小学校低学年ぐらいが良いのかもしれませんね。
小5では少し大きかったのかもしれませんが、
父子とも日ごろの運動不足が少しは軽減されたのではないのかな・・・。
(学校や塾ばかりではストレスが貯まるでしょうから)


【写真は、アンデルセン公園のパンフレット】
110130panf.jpg
(風車は改装中でした)



☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンク等です。
そんなところで小さなポイントを稼いで、
また遠出(釣り)に行くのでしょうね。と感づいたら、
押してやってください。
まさにそのとおりです。アスレチックの池を見たら、
釣りができないかと頭をよぎる釣りバカですから・・・
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

tag : フィールドアスレッチック ふなばしアンデルセン公園

やはりアジ雄くんたちは楽しい。外房へ再出撃。

【写真は、アジ雄とエモノたちの整列】
110123emono.jpg




1月23日(日)、浦安周辺ではお魚に出会えない。
2週間前の外房が楽しかった。


ならば行くしかない。
日の出前に外房に到着するよう、夜中のうちに出発。


途中、釣具店でコマセブロックを購入し、
アジの釣れそうな港を尋ねたところ、
外房の南の方の港が良いとのこと。


5時30分頃、まだ暗いうちに目的の漁港に着く。


防波堤に電気ウキがいくつか。
アジが釣れている様子。


幸い、場所が開いていたので釣り人の隣に陣取る。


投げサビキを用意する。


ケミホタルが光らない?
(賞味期限切れか?とほほ。明るくなるまで30分あまり)


仕方なく足元でサビくがアタリなし。
周囲の投げサビキは順調に上がり続ける。
15~20cmくらいのアジが多いよう。
アジングの若者も上げている様子)


6時過ぎ、薄明るくなってきた。


投げサビキ投入。
(ウキよりも糸を張り気味にして竿先でアタリを取る)


グングングン。
(なんだかお魚の気配)


釣れた。感激。
20cmくらいのアジ雄くん。


【写真は、アジ雄くん、おはよう】
110123aji_nyoro.jpg


コマセ詰める。


投げる。


ウキに違和感、もしくは沈む。


巻く。


1匹か2匹釣れている。


この素晴らしい時間帯を1時間ほど楽しむ。


【写真は、アジ雄たち】
110123ajio.jpg




明るくなってしばらくすると、ラッシュが終わる。


ちょい投げエリアでアタリが遠のいたので、
足元でサビくとアイゴ野郎。
慎重に針を外してご帰宅いただく。


【写真は、おじゃまなアイゴ野郎】
110123aigo.jpg


周囲を見ていると、おいらのポジションからは
少し遠いところでポツポツ上がる。距離があるので難しい。


力を入れて投げると、バチッ!
(やっちまった。恥ずかしい高切れ。ウキがさようなら)


終了!
換えのウキを持っていない。


【写真は、お土産の足しに少量持ち帰ったトウゴロウくん】
110123tougorou.jpg




---------

《偵察編》


この漁港には9時くらいまで粘ったが、
ウキを失ってはあきらめざるを得ない。


移動。
というか、せっかく初めて来たので帰り道に港を見て回る。


お魚が見られる遊覧船で有名な漁港。


突堤の釣り人に話を聞くと、朝方はアジ釣れていたよ~
日が昇るとダメだよ!とのこと。


【写真は、遊覧船】
110123tai_noura.jpg
(そういえば、10年ほど前に乗船したことがある。
 鯛がバシャバシャだったはず。)




移動。


釣具店発見。


投げウキを購入。


すぐ下の漁港へ。


突堤の先の釣り人に伺うと、
アジがポツポツ上がるよとのこと。


せっかくなので、投げサビキを投入。


しーん。
本当にポツポツと上がるのは突堤の先のみ。
おいらが入れるスペースなし。




あきらめ、移動。
2週間前においらが来た大きめの港。


???
釣り人少ない。
バンバン釣れる状況ではないらしい。


隙間があるので投げサビキを投入。


しかし、パラパラでも釣れるのはチョイ投げエリアではなく、
結構な距離が必要な様子。
釣れるエリアまで飛ばない。


目の前に釣り船が泊まる。
一時的に釣りができない。
もうお昼。


本当にあきらめ終了!
(翌日の仕事のことを考えると、これ以上粘るのは危険)
 名物?の坦々麺を食べて帰宅。びっくり超辛)
 


110123tougo_emono.jpg
【写真は、トウゴロウイワシと本日のエモノたち】




--------


《料理編》


自宅へ戻って数えてみると、アジ雄が15~20cmが19匹、
トウゴロウイワシは9匹(10cmくらい)。
大満足とまでは行かないが中満足。


トウゴロウはウロコが硬いのでウロコをはがして、
頭とハラワタを出して下ごしらえ。


フライに。


カラッとして美味い。
下ごしらえが肝要のようです。


【写真は、トウゴロウイワシのフライ隊】
110123tougo_mure.jpg


アジ雄たちは、三枚に下ろして、皮を剥いで。


アジ丼に。


たっぷり。
特におしょうゆよりポン酢をかけるほうが
すっきりして美味しいように思う。


【写真は、アジ丼】
110123aji_don.jpg




☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンク等です。
二匹目のドジョウならぬ、二匹目のアジ狙いでした。
あとで仕掛け入れからケミホタルの予備が発見されました。
もっと早く投げサビキにとりかかっておれば・・・
と、獲らぬ狸の皮算用でした。とほほ。
今日は素直に応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ 外房

予想以上に楽しいかもん!市ヶ谷フィシュセンター

110116carp2.jpg
【写真は、鯉太郎2号】



1月16日(日)。今日は下の子(小5)の模試に同行。
お茶の水の会場に8:30に連れて行く。
あとはお迎えの12時までフリー。


近くに神社があったはず。


テクテク。


神田明神。
なんだか立派。ありがたそうだし、お参りしていく。


【写真は、神田明神の鳥居】
110116kanda_myo-jin.jpg


山門前のお店は、まだ時間が早く開いていない。


お茶の水駅方面に戻る。


湯島聖堂は時間が早く開館していない。


通過。


掘割と駅(JR中央線・総武線、地下鉄丸の内線)が美しい。


【写真は、お茶の水駅】
110116ochanomizu.jpg
(おいらにも鉄分が混じっているのだろうか。なんだかワクワク)




時間があるので、電車で市ヶ谷に移動。


テクテク1分。


目的の市ヶ谷フィッシュセンター。
おいら通勤でいつもこの駅を通過する。
勤務先からも徒歩10分。
いつ行こうか!といつも気になりながら4年。
ついにこの日が来た!


【写真は、市ヶ谷フィッシュセンターの看板】
110116fishcenter.jpg



受付でお金を払う。
貸し竿+エサ+1時間で870円。


釣れる釣れないについては場所はあまり関係ないよ!とのこと。
寒いので日のあたるところに陣取る。


とはいえ、タナもウキの調子もよくわからん。


隣の常連ポイおじさんは順調に釣っている。


深さと、練りエサの大きさを参考する。
 ※練りエサはコイミーがベースのようだ。


細かいタナは大きくエサを付けて、ウキの沈み具合を見て合わせる。


待つ。


待つ。


しーん。


【写真は、待つ待つ待つ】
110116rod.jpg



このウキ手ごわい。
エサがあるときと、ないときの差がほとんど出ない。
しかも、今日はコンタクトをしてきてないので、ウキが2本に見える。


タナを変えたり、エサを大きくしたり小さくしたり、
硬くしたり柔らかくしたり。試行錯誤。


1時間が経過!
まだ釣れてないよう!(周りは釣れているのに)


泣きの延長。
受付に行って1時間延長を告げて640円を追加支払い。


気を取り直して、エサを柔らかめにしてみる。


ウキが明確に沈む。


あわせる。


フッキング。


結構な手ごたえ、思ったより右へ左へファイトする。


網入れ。
延長したらすぐ釣れた。


【写真は、鯉太郎1号】
110116carp1.jpg
(30cmくらいの丸々と太ったキレイな魚体。)


どうやら、コツはエサ柔らかめのようだ。


アタリは、ジワー、ポツポツ、クッと1cmほど沈む。


パシッと小さくあわせると、キレイに上唇にフッキングする。


続けて釣れた。
2匹目。(冒頭の写真)



その後も続ける。
結局、トータルで鯉太郎4号まで。


終了後に軽量してもらうと3.1キロ。
竿と残りエサを返却して、
3ポイント(@1キロ=1ポイント)のチケットをもらう。
説明書きによると7ポイント貯まると1時間無料らしい。
ただし、ポイントの有効期間は3ヶ月とな。


日が当たっていても、少し風が吹くと寒い。
しかし適度な手ごわさで楽しい。
また機会があれば訪れてみたい。


日曜日の午前中であったが、たくさんの釣り人が楽しんでいた。
おじさんが多いが、子供や親子連れの姿も見られた。
長く釣堀がここで楽しまれる理由がわかるような気がした。




☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンク等です。
カレイさんが釣れないので、
こんなところで釣りをしていたのですね!
と思ったら押してやってください。
そのとおりです。かかっても足元でばらしています。とほほ。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り 市ヶ谷フィッシュセンター コイ 神田明神

《料理編》外房の恵み・アジ丼ほか

110110iwashi_fly.jpg
【写真は、イワシの天ぷらの群れ】



1月10日(日)、前日の外房釣行でのエモノたちを料理。


まず、イワシの天ぷら。
頭とワタをとって、衣をつけて天ぷらに。


味はウマいのだが、食感が・・・。
どうもカタクチイワシよりウロコが硬いようだ。
図鑑によるとトウゴロウイワシと思われる。


次回はウロコを剥がして調理しよう。





【写真は、イイタコヤキ(タコ入り玉子焼き)】
110110taco_yaki.jpg


大阪にはイカヤキというものがある。
イカの入った玉子焼き。
まねしよう。

ほんだしを混ぜた玉子焼きにぶつ切りにしたタコを入れた。

これは美味い。ダシが出てる。
(見た目は今ひとつだが・・・)





【写真は、ウミタナゴの塩焼きの群れ】
110110tanago_yaki.jpg


ウミタナゴは頭とハラをとって、シンプルに塩焼きに。


塩を振りすぎた。
(やっちまった)


焼き魚としては美味いが・・・
塩分多すぎ。高血圧注意。






【写真は、アジ丼】
110110aji_don.jpg


小あじは丁寧に三枚にして、皮を剥いで、ハラ骨を取って。
チンチンも同じようにして、混ぜた。
ポン酢をかけたうえで、ご飯のうえに。


美味しい。
いや、美味しくないはずがない・・・。


しあわせ。



以上、月曜日の夕飯前に家族でいただきました。
(外房のめぐみもおやつとして、あっという間)




☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンク等です。
外房はとても美味しいです。
はまりそうです。
節操なくどこでも行くのねと思ったら、押してやってください。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : お料理 アジ 天ぷら 塩焼き トウゴロウイワシ

小アジたちを堪能。外房デビュー

110109iwasi_nyoro.jpg
【写真は、イワシたろう】


1月9日(日)、2:30~14:00。
おいらの東京奥湾での釣果が芳しくない。
一方、房総はよさ気な話を聞く⇒超うらやましい~。
また三連休で天気も暖かそう。
ならば行ってみるか!


初めは一眠りして、明け方に到着するスケジュールを考えたが、
遠足前の子供と同じで眠れない。てことで仮眠せず外房へ。
下道を約2時間で到着。


漁港は真夜中にもかかわらず釣り人で多数。
電気ウキが7割、アジングが3割くらい。
ただしアジが釣れてる気配なし。


端っこの釣り船の間でサビキを垂れる。

すぐにプルプルプル。


【写真は、ウミタナゴ】
110109umitanago.jpg


1投目からお魚にありつく。
10cmくらいと小さいが、初エモノとしてキープ。

その後も、アジを求めて底あたりにサビキを垂れるも
上がってくるのはウミタナゴばかり。
後で数えると13匹だった。


ここで珍客。
水面を白い物体が右から左。


おいら、寄る年波のかすみ眼でよく見えないが、生物のよう。
サビキで引っ掛けてみると???
ちびタコ。初対面につきキープ。


【写真は、イイダコ?】
110109iidako.jpg




5時前後だろうか、向かい風が強くなってきた。
港を出た釣り船も15分で帰港してくる。
せっかく来たエリアなので、山の反対側の漁港を偵察のため移動。


風は弱い。
大きめ突堤の先に釣り人5~6人。電気ウキ。
アジ狙いだけど釣れてませんよ、とのこと。


移動。明るくなってきた。
小さな漁港に釣り人。
反応なし。波を被り出したからもうすぐ移動する、とのこと。


さらに移動。大きめの漁港。
防波堤の外は大波だが、中は静か。

明るくなって気づく。
海の色が違う。こんな青い色は奥湾なら青潮のときだけ。
風もなんだか寒くない。南の海なんだね。


【写真は、外房の青い海】
110109bulue_umi.jpg


小さな小さなイワシの群れ。


サビキを垂れてみる。


しかし、しーん。
小さなイワシも撒餌にたかるだけで反応なし。小さすぎる。


待つ。


来た。なんだかプルプル。


20cmくらいのフグ!
調理できないからリリース。
アジは居ないみたいだ。


【写真は、フグ田さん】
110109fuguta.jpg


横のタコ釣り人に伺うと、今ここじゃアジ釣れないよ、
反対側じゃないと。秋には釣れてたみたいだけど、とのこと。
ちなみにこの釣り人は1kg超のタコを目前で釣り上げていた。
(未明のイイダコ?とは次元が違う。)



10時前、この場所もあきらめ、最初に来た漁港へ戻る。
朝市にも目もくれず。


暗い時間とは次元の違う賑わい。釣り人多多数。
岸壁の端っこのほうでアジが釣れている。
しかし、入れる場所がない。
仕方なく50mほど外れた場所に入る。


投げサビキを投入。


すぐ釣れた。イワシたろう。
透き通るような青の魚体。
奥湾のカタクチイワシとは違う種類のよう。


【写真は、マイワシ?】
110109ma_iwasi.jpg


続けて投げサビキでイワシを数匹、釣り上げる。
しかし足元を見るとイワシが群れている。
相変わらず、岸壁の端っこでアジが釣れているが、
こちらはイワシしか釣れない。
おいらの両側の釣り人はあきらめ顔。


ならば、わざわざ投げる必要なし。
小さな針のサビキに切り替え足元でイワシを狙うことに。
(おみやげの確保に走る)
よくわからないが50~100釣って確保したので、一休み。



【写真は、お邪魔なヒイラギ君】
110109hiiragi.jpg


すると神風?


弱まっていた向かい風が強くなってきた。
釣りには過酷な状況に。


(ここで、どういうことが起きるか?)


朝から十分にアジ釣りを楽しんだ釣り人が帰宅するのです。


少しずつその方向へ移動。
2回の移動でアジが釣れるエリアに。
サビキを垂れる。


あきらかにイワシとは違う手ごたえ。


本命のアジくん15cmくらい。
(うれしい!)


【写真は、念願のアジ】
110109aji.jpg
(強風なので写真も、くちゃくちゃ)


隣の人の方がペースが良い。見ると、サビキの下にカゴ。
おいらも仕掛けを修正しペースを上げる。


底まで一気に下ろして、一しゃくりして待つ。


グイーングイーン。
あたりがあると巻く。1匹か2匹ついてくる。
(超キモチイイ!。風が強く潮を被っても笑って済ませる。
 釣りバカは風にも負けない)


途中、引きが強くなんだろうと思ったら、チンチン。
お土産が増える。


【写真は、チンチン?】
110109chinchi_nyoro.jpg



14時頃、コマセが尽きた。十分に小アジ釣りを楽しんだ。
あたりも少し遠のいたような。
気が済んだし、体力的にもきついので終了!帰途に。
(帰って数えると15~20cmが13匹。)


途中で食事、仮眠を取りながら18時前に帰宅。
大満足。
外房が楽しいのは分かった。
しかし、体力的に辛い。
狙いと時間を絞るべきと反省したのでありました。



本日の釣果は
 アジ   (15~20cm) 13匹
 イワシ  (5~10cm)  50匹超
 チンチン (20cm)     1匹
 ウミタナゴ(10cm)    13匹
 イイダコ (15cm)     1匹
 ヒイラギ (5cm)      1匹
 フグ   (20cm)     1匹


【写真は、本日の獲物たち】
110109manaita.jpg




☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンク等です。
ついに我慢できずに房総まで足を伸ばしましたか!
と思ったら、押してやってください。
そのとおりです。我慢できませんでした。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り アジ イワシ 房総 外房

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント