プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

近所の橋の上でサッパりくん

090629sappa_burari.jpg

【写真は、釣りあがったサッパりくん】


6月28日(日)。
最近はテナガエビ釣りばかりだったので、違う釣りものと考えた。
朝の通勤電車から、諸先輩方4~5名が橋の上で、
釣竿を出していたのを目撃していた。
ということで、朝7時30分頃、満潮から下げに転じる時間帯を目指して
舞浜近くの橋の上へ来た。

橋の上には1名の先輩が。
釣れるのはサッパ。既に40匹近く釣ったとのこと。
見ていると、どんどん釣る。

先輩いわく、アミが湧いてサッパが釣れる。
もうすぐ満潮で、下げ始めたほうが釣れる。イワシは少ない。
水面近くを泳ぐ、70cmぐらいの細長いのはダツ。
小魚を食べに来ている。とのこと。
そのほか、よく水面を見ると、ボラの子供の群れ、キラリと光るフッコ、
エイもゆっくり。
生命感があふれる水面であった。

090629denpei_basi.jpg

ということで、竿を出してみる。
仕掛けは春の稚アユ釣りで残ったサビキ仕掛け。
どんより曇り空。カンカン照りより釣りやすい。

すぐに釣れる。

さらに、サッパが釣れる。
仕掛けがお祭りしながらも、どんどん釣れる。
道行くウォーキングやディズニーへ行く人々から、
「何釣れるのですか」「食べられるのですか」と聞かれ、
「サッパです」「三枚に下ろして、酢につけて食べます」などと
答えながらも釣れる。

10時過ぎに終了。
釣果は、
サッパが30~40匹、
小イワシが2匹
(ほか、後から来た諸先輩が釣られたイワシを5匹ほどいただく)。

090629sappa.jpg


―――――――――――

夕食前に調理にかかる。
まず三枚に下ろす。
(言葉にすると「三枚に下ろす」であるが、素人にはきつい。)

頭を落とす。腹を割く、ワタを出す。中骨に沿って包丁を入れる。
裏側にも包丁を。皮を剥ぐ。
これを30~40匹分繰り返すと、台所は血みどろ。
(文字だけ見ると惨劇。写真の掲載は差し控えます。
 魚を食べる人・料理する人が減るのが解かる気がします。)

次に、塩コショウと小麦粉を振る。
これを、油を引いたフライパンでフリッターに。
小骨ごと食べられるように、よく火を通す。
半分はこのままフリッターで、パリッと感とともにいただく。
(言うまでもありませんが、ビール1缶ぐらいには十分でした。)

090628sappa_filliter.jpg

半分はスライスしたタマネギと一緒にマリネ液につけた。
明日か、明後日には食べごろに。

090628sappa_marine.jpg



☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンクです。
釣りレポートの内容がまずまず良かったと思ったら
押してやってください。助かります。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

テナガパスタ(ウナギの敵(かたき)をエビでとるの続編)

090620②エビパスタ

【写真は、テナガエビののパスタ】


前日までに釣ったテナガエビたち(浦安産)を調理することに。

ブクブク・バケツからザルヘ移し、ワシャワシャ水洗い。
(15匹ぐらいかなと思ってたら、20匹はいるみたい)

ボウルに移し、料理酒を注ぐ。
(テナガたちは強制的に酔っ払い(上記写真))

090620②酒つけエビ


大き目のテナガは頭を落とし、身と頭に。
頭と小さいテナガのいくつかを、エビ風味の強調用に細かく刻む。

フライパンに刻みエビを投入。
オリーブオイルなんて洒落たものないのでごま油を、
鷹の爪なんかないので豆板醤で代用し、ニンニクを加える。

食べる用テナガを投入。

090620②エビ具

(火を通しすぎ。でもスパイシー)


フライパンは火を止めて、パスタを茹でる。
(手際が悪いので一度に作業できず。
ここらで、暑いのでビールを飲み始める)

パスタが茹で上がったら、フライパンに投入(再点火)。
刻んだトマト、ブロッコリ、ネギと一緒に混ぜる。
塩コショウを振る。

出来上がり。
皿に盛る。エビ・ロングの頭を飾る。
(冒頭の写真)

見た目はグッド!十分食べられる!ビールにもあう!
しかし、欲を言えば、
①豆板醤の入れすぎ、
②味見せずに塩コショウしすぎ(辛い)、
③エビ風味用はもっと細かく刻むべきだった。
(60点)

でも十分!釣って・食べる!楽しい!



☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンクです。
釣りレポート等の内容がまずまず良かったと思ったら
押してやってください。助かります。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

ウナギの敵(かたき)をエビで!

090620ebi_long.jpg

【写真は、本日のエビ・ロング】


6月20日(土)。
前夜のウナギ坊主の敵(かたき)を取るべく。
かつ、食材を収穫する目的でテナガエビ釣に出かける。
朝4時30分の早起き。会社なら起きられない早さ。

5時前に浦安・堀江ドックに到着。
釣り開始。
1本投入。エサは前夜の残りアカムシ。

続けて2本目投入。

1本目を上げてみる。
根掛かり。いきなり針をロスト。

2本目を上げてみる。
こいつも根掛かり。針ロスト。

(まじっすか?)針のストックを切らしていた。

餌繁(=釣具屋さん)へタッチ&ゴー(車で往復10分弱)。


気を取り直して再開。

釣れる。
(エサのつけ方は“チョンがけ”より“通し刺し”の方が調子いい。)

釣れる。
潮の下げ具合が良いのか。入れ食いのほどではないが釣れる。
ただし、小さい“手短”が多く、昨晩のような“手長”が来ない。
(夜の方が、警戒心が薄れて大型がかかりやすいのかもしれない。)

7時ごろには潮が下がり過ぎ、釣りにくい状況に。
船だまり内をウロウロしながらさぐる。
すると、上記のエビ・ロング。
大きめのハゼがかかったのかな?と思うほどのエビバックで抵抗、
しかし、バンザイで上がってきた。

渋く、また前述の1匹を除いて、サイズがどんどん小さくなるので、
7時30分にはあきらめて終了。
自宅に持ち帰りブクブク、調理法を思案中。
(昨晩の敵(かたき)は取れたのかな。心がスッキリ。)

090620ebi.jpg


6月20日(土)、曇り(早朝)
5時~7時30分、浦安・堀江ドック
テナガエビ 15匹ぐらい



☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンクです。
釣りレポートの内容がまずまず良かったと思ったら
押してやってください。ブログ村内での評価が上がります。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

ウナギならず!でもテナガ大きくなってきたね

090619horie_ebi.jpg

【写真は、本日の1匹目、夕暮れの似合うテナガ】


6月19日(金)。会社を5時ダッシュ。
自宅を経由して、19時前に浦安某所に到着。
狙いはまたもテナガエビでウナギ。


まず、日が暮れきらないうちにエサとなるテナガをアカムシで狙う。
竿1本投入する。

2本目の竿を用意する。

1本目を確認すると、もう釣れている。
(たやすーい。超かんたーん。)
しかも“手が長くて”“立派な”テナガエビ。手を入れると20cmくらい。
記念撮影(上記写真)。

針を外して、エサを付けなおして再投入した頃には、2本目も釣れてるー。
またも同じくらいの立派なサイズ。
(今日は活性高いー。かつ大きい!)

この調子で3匹、瞬く間に釣れたので、
ウナギ用の竿(といっても、子供が使うような1セット1,500円くらいの
チープな品)を用意して、テナガを付けて3本投入。

待ってる間も、テナガを釣る。

待つ。
ドック内の水面はボラの子供がすんごーい数で群れており、
ときどきスズキさんが追いかけているのか、“バシュッ”“ザッザッザー”と、
とても生命感にあふれている。

期待して待つ。
エサの分は確保したので、テナガ釣り終了し、
まったりと生きもの感あふれる水面を眺める。
(平日の釣り。幸せ!退屈感はなし。)

待つ。

あれ?21時。
終了!(釣れてませんよ!(どこかで突っ込むもう一人の自分の声))

やっちゃいました。獲物なし。
と言うことでエサの残りを連れて帰ることにしました。

090619horie_ebi3.jpg

(と言っても、結構立派なテナガを2匹。
 手を入れると20cmくらいのテナガが多く含まれました。
 エサにするには大きいかなというサイズ。
 エビのトップシーズンなんでしょうね。サイズが大きくなってきました。
 しかし、明朝、追加で釣らないと少なすぎて料理できまなーい。
 とほほ。)



6月19日(金)、晴れ
19時00分~21時00分、浦安某所
ウナギ   釣れず(ボウズ)
テナガエビ 10匹ぐらい(殆どがエサ用)



☆☆☆☆☆
おいらが参加しているブログ村のリンクです。
釣りレポートの内容がまずまず良かったと思ったら
押してやってください。ブログ村内での評価が上がります。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

残念!テナガでウナギならず。(スズキさんかよ!)

090614新左近

【写真は、テナガの数釣りが楽しめる公園】


6月14日(日)。2週間前にテナガエビでウナギを釣り上げたポイントで2匹目のウナギを狙う。
17時30分頃、到着。潮は下から上げてくるところ。


まず、エサとなるテナガを釣り始める。エサはアカムシ。

待つ。

上げてみる。

掛かってない。(ん~、渋いのか)

繰り返す。


090614ebi_1pikime.jpg

約20分で、やっと1匹(ジッとしてないのでピンボケ)
その後も渋いが、1時間ほどでなんとか5匹を確保。
(エサがしんぱーい)


①18時30分頃、テナガを針に付けて、3本投入。

待つ(待ってる間もテナガを狙うが、渋い)。

19時頃、待望のチリリン!(鈴の音)
しかし、痛恨!リール・トラブルで巻けない。もたもたしてるうちにバラシ。
(なんたることを!さんたるちーあ)


②再び、気を取り直して。
(雨が降り出す。橋の下だが、風で振り込む。)

19時30分頃、2度目のチリリン!
緩めたドラグを締めて合わせる。キター!強い引き。
巻く、歩み寄る。
またも痛恨!ハリス切れ。
(おいらヘタクソかも。一人ボケる気力もなし。)


③気を取り直して、三度(みたび)チャレンジ。
(この頃からテナガが釣れだす。エサの確保の心配がなくなる。)

20時頃、小さくチリン!

待つ。

反応がない。巻いてみると根掛かり。
引っ張ると石の間でハリス切れ。
(トホホ+うんざり。)


④あきらめずに、四度(よたび)チャレンジ。

待つ。

待つ。
(雨が激しくウロウロできず。また、橋の下は暗くて何もできず、退屈。)

20時30分頃、激しくチリリン!合わせる。
なんと!またもやリール・トラブル。巻けない。
やむなく竿を置き、手で糸を手繰る。
結構強い引き。

バシャバシャ激しい抵抗。
あれ?ニョロリにしては激しすぎ?
暗くてよく見えないが、細長くない。

引き寄せると、残念!ウナギじゃない。
スズキさんでした(40cm、フッコクラス)。

090614suzuki_san.jpg

写真撮影をして、お帰りいただきました。
(日曜日のこの時間から捌くのが面倒。
 かつ、食材的に子供にあまり人気がないとの理由でリリース。)


終了!20時40分頃。

柳の下で2匹目のドジョウならぬ、2匹目のウナギを狙ったが、残念。
ゲットできず(この公園の水辺には正にヤナギがある)。
1度目、2度目の当たりはスズキさんでも、3度目の根掛かりはニョロリが濃厚。
悔しい!
次こそはと、懲りずに再戦を誓う。(ヘタクソから抜け出したーい。)


6月14日(日)、雨(夜)
17時30分~20時40分、江戸川下流域
ウナギ   釣れず(ボウズ)
スズキ   1匹(40cm、本日は外道扱い)
テナガエビ 10匹ぐらい(エサ用)



おいらが参加しているブログ村のリンクです。
釣りレポートの内容がまずまず良かったと思ったら
押してやってください。ブログ村内での評価が上がります。
↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント