プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

(釣報)朝まづめにタチウオの気配なし(F浦)


写真は、冒頭にお魚写真なし


8月13日(日)2時30分~6時。
夏バテぎみ。
鼻喉痛く風邪ひき。

三連休なのに出撃できず。
やっと日曜に元気が出てきた。
日朝にサヨリでも狙おうと思ってたが、眠れず。

0時。
行ってしまえ。
てことで、近所に冷凍カキを持って出陣。

1時間でハゼドンを釣る。
けっこう渋い。
風なく、潮が動いてない。

やっとで7~8匹。
移動だ!
時間がないので首都高で時間を買う。


釣り人少ない。
投入するも、しーん。
潮が動かず。

右へ左へ、手前へ、誘っても、しーん。
夜が明けてきた。
周囲でも上がってない気配。


トイレ休憩もはさみ。


薄明るくなり、回収時???
重い。
藻でも絡んだのか?(お魚反応なし)

軽くなった。
巻いてきた。

うーん。
首ちょんぱ。

タチウオの仕業の可能性高し。
まったくわからなんだ。

以降、みところなし。
あかるくなって、まごちの反応もなし。
小さなイワシは水面に反応あるも、おおきなお魚反応なし。



☆応援のボタン☆(スマホ上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


何も起きずに終了。
アタリがあって、沈めしずめのやりとりがなければ、陸タチの良さを味わったことにならない。
夕方のが良いのかな?
またの機会に。

(釣報)初めて釣り船に乗ってみたのだ(LTタチウオ)


写真は、釣られてやったぜ(上から)


7月31日(月)6時~13時。
夏期休暇。
前々からチャンスを狙ってた。

船太刀魚。
電動リールなどの道具もないので、浅場で狙える時期、釣り船ということで富津○○丸を事前予約。(富津なのに○○?)

(記録として残す)
2時起床。下道2時間。4時過ぎ着。
番号マグネット7番を取る。

4時30分受け付け開始。
氏名、連絡先を記入して、乗船券と貸し竿券を受けとる。
天秤とオモリ30号と釣り針を購入、合わせて12千円程度を払う(細かく覚えてない。緊張してたのか)。

車2分の乗船場所に移動。
5時乗船開始。
右艫の次に陣取る。常連ベテランに教えて貰うことを目論む。
(見込んだとおり、この人が竿頭だったが、無愛想であまり教えてもらえず。何か入り方が間違えてたのか。)

船長から釣り方の基本レクチャーの後に6時前、出船。
置き竿は確率ゼロ。
基本はちょんちょんと20cmしゃくって巻きと、1mくらいしゃくって巻きの2つ。
後は色々試して、その時のパターンを探せ、とのこと。

船は富津から近いところをウロウロ、第2海堡周辺をさ迷う。
要は浅場に群れが居ないみたい。

7時前に猿島と2週前に来たサバ須賀の街が見える
釣り船集まってる。
浦安の緑と黄色の釣り船も見える。(お魚事情のためやむを得ないが、下道2時間遠征した意味は消失。)

(釣り開始)
○mから○mとアナウンスされ、一斉に開始。
オモリ50号を購入。
初めは、棚取りに苦戦。
最初の糸は紫色、次は赤色(同系色で初めは見分けがつかず)、次は緑色、次はオレンジ色、次は青色。
で!、今は何m?
慣れるのに時間がかかった。

そんなうちに周囲ではぽつぽつ上がりだす。
やはり出遅れ。
いつも通り、釣れてる人の動きをガン見。
右隣は独りで孤独に釣りたい感じ。左隣の気さくなお兄ちゃんから少しずつ情報もらいながら、色々試す。

何度か食い逃げを体験したのち、がががっ。
来たよん。
ガツンと合わせて、強力早巻き。
ナイロン(フロロ?)なので、上向きにさせたままで巻き上げ。
周囲は引きを楽しんでるが、余裕なし。

レクチャーされた誘い方でなかったし。。。
ちょんちょんではなく、竿下げ一杯から上げ一杯までスローしゃくり。(陸からサバ、タチ釣るときの誘い方)
他の人は違うみたいだったが、おいらはこのしゃくりが一番効果的だった。
当たる棚で、リール巻かずに、竿をぐーるぐる、ゆっくり回してた。

船は猿島沖で13時まで、ときどき小移動しながら釣り続け。
少しの移動で海底までも深さが変わる。
55mのときは調子良かったが、後半の48mくらいのときは殆ど釣れず。
棚や誘い方が合ってなかったのだろう。


写真は、F3



サイズは50cm~1mくらいまで。F2~4くらい。
多いのはF2.5~3サイズ。


(結果)
結局、24匹。
トップは32匹だったので、初めての割りに結果は出たのでしょう。
※釣宿のHP見て笑い。写真は違う人に。いりゅーじょん?

ベタ凪ぎだったのに、前半少しキモチ悪く。
大崩れしなかったが、東京湾以外だとどうか。相模湾で耐えられるか。
(試すための船だったが、下船後もずっと揺れ続け)

数を釣って、陸から釣るときの引き出しを増やそうと考えた。
陸からだとアタリが出るまで待って、飲み込むまで待って、となる。
誘ってアタリを出して、誘ってフッキングできるか、試してみたい。

炎天下、6時間釣り続けるのは大変、体力要する。
右脇、左脇に加え、左人指し指がつった。
4~50m早巻きすると竿を押さえる左手に力が入る。

船長からは細かい注意(指導)を受けたが、釣らせてやろうという意欲が伺えた。

最後に、気になったが、ライフジャケットは着ないのね。
救命胴衣のありかも説明なかったが、、、


写真は、成果物



えものたちは半分以上、親族に引き取ってもらい。
帰路は体力不足が甚だしく、高速を使用。

やりきった感じある釣りでした。


☆応援のボタン☆(スマホ上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)まだタチには早かったようです。キス少し

(写真なし)


7月22日(土)3時~7時30分。
まだタチウオの情報はない。
しかし、なんだか無性に遠征してみたかった。
行きたいところに行こう。

てことで金夜早めに帰宅。
早めに寝て、早めに起床(24時)。

今年のハゼ釣り場へ。
※赤潮青潮の影響か、境川のハゼはやや小ぶりで数も少ない。川側のが好調か。
30分ほどで7~8匹に。

目的地に向かう。
遠い。車も想定より多かった。

お目当て先端は人あり。
逆側にしてみた。

ぶーん、ぽっちゃーん、右から左へ。
しーん。
誘っても誘っても、しーん。

薄明るくなってきた。
周囲にるああまんが増えてきた。
おいらも念のために、テンヤに変えて投げてみるが、しーん。

さすがに早すぎたみたい。
すっかり明るくなり、マゴチ狙いに変えるも、しーん。
当たりすらなし。

このままではお土産すらないので、キス狙いに。
ぶーん、ぽっちゃーん、さびさび。
こんこーん、と良いあたりも針がかりせず。

何度か繰り返して、やっと3匹に沈む。
周囲でも釣れていたのは、キスぱらばら、クロダイ1、ワカシ1(これはもらって、漬けにした)、フグ少々。

この釣り場はあと2ヶ月後ですね。
やっぱり早すぎた。


☆応援のボタン☆(上部の後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ


もうおわりてすかね。さすがに(逆サイドのタチウオくん)

(痛恨の写真なし)


11月20日(日)2時~3時。
夕方にハゼどんを捕獲した。
持って行った。
突堤の先端にはグループ釣り人あり。

横から投げた。
左から右へ。
いつもと逆の向きの流れ。

何投げかするが、しーん。

夜キスとの情報もあり。
ちょい投げてみるが、、、
アタリなし。

しばらくすると、、、
やってもた。
自分で自分を釣ってもた。
(ウキと投げが絡み)

ぐちゃぐちゃ。
あー嫌だ。
止めだ。
移動だ!。
終了だ。
(これが運の尽き)

今年はもう終わりかな。
タチウオくん。



☆応援のボタン☆(ぽちぽちしてもらえると助かるのだ・・・)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

0打数1安打のたちうおくん(川崎)


写真は、やっとのエモノちゃん


11月5日(土)7時~9時。
近所の境川。
満潮潮止まり前後。

ダイエー(今はイオン)で買ったカキを2粒持ってゴー。
ぽっちゃん。
しーん。

あっちへぽっちゃん。
こっちへぽっちゃん。
でも、しーん。

潮が動いてない。
いつもと違う場所へぽっちゃん。
ぷるっ。

やっと釣れたハゼどん。
痩せている。
小さい。

カキ。
ヒモや貝柱はお好みでないらしい。
人間が食べたら苦みのある緑色のところしかアタリがない。

やっとのことでハゼを5匹。
やむなく群れているボラ?ウグイ?の子供を狙う。
これもやっとのことで3匹?を確保。

こんなにエサの捕獲に苦労するとは。。。
タチのシーズンは長くてあと一月ぐらいだろうけど、ハゼどんの確保に苦労するかも。


写真は、これもやっとのハゼどん、ウグイ?




11月5日(土)16時~20時。
川崎某所。
下道で1時間。
F浦なら下道で2時間。

ここで釣れるとかなり楽。
まず竿下サビキ。
今日はお手軽コマセ(チューブ式)を買ってきた。

ぽっちゃん。
くんくんくん(竿先が揺れる)。
まきまき。

豆アジくん。
いっぱい居るみたい。

作業。
ぽっちゃん。
くんくんくん。
まきまき。

鈴なりにはならないが、十分に豆アジくんが確保できた。
カゴ、サビキ(白スキン)6号、オモリ6号。


暗くなってきた。
風強い。
南風。
この釣り場での最悪の風向き。

ほかに釣り人居らず。
ひとりボッチ。
スペース広いので、竿2本出しに。

風は右前から左に。
潮は左から右に。
仕掛けは風で左に流れてしまう。

仕掛けはウキ4号、キス天秤、オモリ6号、ハリス2m、ケミホタル(緑)、ワイヤー針と、
ウキ15号、キス天秤、オモリ12号、ハリス2m、ケミホタル(緑)ワイヤー針。

風で全体は左に流れて、近づいてくる。
電気ウキが左へ、青いケミが右へ。
このパターンで釣れたことなし。

満潮は19時。
満潮前に、強風は少しずつ緩く。
仕掛けが右へ流れ始める。

やっとエサ、ウキの順に流れ始める。
しかし、しーん。

ここで、ライントラブル。
PEとナイロンの結合部が団子になって、引っ掛かり困ってた。
思い切って風の中、結び直し。

ブラッドノット。
必死に結ぶ、いち、に、さん、し、ご、ろく。
糸を入れて、いち、に、さん、、、

ガタッ、ガガタッ。
ほったらかしのもう1本の竿が引きこまれそうに。
慌ててノットをほっぱらって、ダッシュ。

大きく合わせる。
思ったより引かないが、まきまき。
躊躇せず、ずっぽーん。

エサは豆アジでなく、ハゼどん。


写真は、釣った感のないたちうおくん



ウレシイ。
ウキが沈むところは見てない。
引き込め、引き込め!とヤキモキもしていない。
釣ったというより、明らかに釣れた。

F3。
大きくない。
でもウレシイ。

この後、潮がゆるくなり。
潮止まり。
こうなると確率下がる。

潮の動き出しまで待つというのもあるが、エモノをゲットできたので、終了。


※考察

タチウオくん。
例えば、潮が左から右に流れているとする。
通常は10時~11時の方向に投入して、1時~2時まで流す。

しかし、流し始めから12時までにアタリが出たことはない(投入直後の即アタリを除く)。
また、ミチイトを張って流すか、フリーで流すか。
フリーで流してるときにアタリが出たことはない。

だから、遠投力がないこともあり、12時の方向に投入して2時まで流す。
糸フケをほとんどなしで流す。
自分、ミチイト、ウキ、エサの順に払い出すような形になったときにアタリが出る。

典型が、2時の方向からゆっくり回収する時にアタリが出ることがある。
フワッとエサが持ち上がるのに反応するのだと推測される。

このアタリの出方はサバやソウダに似ている。
フリーで流してるより、ベイルを戻してテンション掛けて流してる(よそ見してる)ときの方がアタリが出る。
方向も、上手から正面にかけての位置でなく、正面から下手でアタリが出る。

アジは違う。
あまりテンション掛けない方が良い。
遠投せず、流れ、風のない漁港のせいもあるかもしれないが、、、

たちうおくんはサバ系のアタリの出方。
これが今のところの結論。

しかし、常連釣り師を見ていると12時の方向でアタリが出ている。
ミチイト、ウキ、天秤、オモリのバランスで何か違うのかも知れないか。
今年は終盤も終盤だが、試行錯誤していきたい。

なお、あくまで私見ですから。
色々、教えてもらえると助かります。


☆応援のボタン☆(ぽちぽちしてもらえると助かるのだ・・・)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント