プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

ソウダくん祭に無理にでも参加するでしょう。南房まで遠征したら


写真は、祭のあと


8月13日(土)7時~9時。
南房遠征。お約束のソウダくん。
未明にアジ地合なし、となれば、お土産物追加を狙い、鉄火場へ。

予想通り。
いや予想以上の混雑ぶり。
ファミリー多数で、もはや釣り公園状態。
ここは本牧ですか!?。

すでに祭り開催中も満員。
やむなく、隣、その隣のトッテイを偵察するも、あまり回遊ない様子。

で、鉄火場へ戻り。
お帰りの後に入ろうと目論む。
狙いどおり、潜り込む。慣れが必要。
釣り開始。

しばらくして、鰯の群れ。
直後にソウダの群れ。

浮き沈み。
外房アジ用サビキはハリスが瞬殺。
無理たったか。

おバカは号数を下げてみた。
コマセ撒いて、群れが来たら、かご振って。

食った!
でも、瞬殺。

やっぱ0、8号は無理だった。当たり前か。
この混雑ではドラグも緩められない。
サビキ針がすべてなくなった。

号数上げた。
釣れた。

隣の子供の足元サビキを巻き込んで。
超へたくそ。
ごめんよ。

ときどき群が回ってくると、周囲で一斉に釣れる。
規定数の2匹のところで、遊んでると、籠の金具からちぎれて、仕掛けを失う。
錆ていた模様。整備不良。

帰ろうとおもたが、弓角投げて見ることに。
3とうめくらいで、沖めでもやもやしてるところに投げると、ごごご。

後ろに下がりながら、合わせる。
ごんごん。
気持ちいい。
これは釣った感ありで楽しい。

小ぶりなソウダくん。
結果、3匹で、後ろに待つ釣りびとに場所譲り、帰宅。

十分。
祭りのはじっこに今年も参加できた。
よしとしよう。


帰宅後、シーチキンと、思いきってお刺身に。
、、、

おいしかったが、背中がかゆい。

※リリースしてる釣り人たくさん居るが、コイやシーバスみたいにタフでない魚さんらしい。ソウダくん。
たくさん釣れると楽しいが、食べられる分(近所配布分を含む)だけ釣って、すぐに引き払うのが良いと思う。
後ろで待ってる人も多いし、折角なので海水浴や観光すれば良いし。

集団心理だから言っても無駄かもしれないし、、、

とはいえ、ブログに書いてる時点で「あおってる」ことになるので偉そうに主張できないとも思うが、、、


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村




テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

今季初ソウダ(川崎こみこみ公園。)


写真は、今季初ソウダ


9月12日(土)3時30分から9時。
外房、南房は台風うねりを懸念して、回避。
会社から帰宅して、日付変わる前にコミコミ公園へ。


驚愕!。
予想以上のコミコミ。
最奧のラスト1席に。
(終わってみれば幸運)


夜明け前始動。
アジ狙いトリック投下。

明るくなり始めて、カタカタカタ。
ちょー豆アジ。
10cm未満。
ぽつぽつで5匹ほど。
まともなサイズはなし。

明るくなると、隣釣りびとがサヨリだした。
ほぼ入れ食い。
ならは、おいらも。

初めはバラシ、絡み連発も慣れてくる。
ぽつぽつ。
20cm未満が多く、まさに暇潰し。


写真は、今後の夜釣りの餌に。



と、一つ隣釣りびとが竿を曲げて居る。
ソウダガツオ。

待ってましたと、サヨリからサビキにチェンジ。
直ぐに浮き沈むもハリス瞬殺。
サヨリ仕様ドラグでした。

次はバラシ。
その次は痛恨のミチイト真ん中から切れ。
浮きも、浮きトップも、かごも、天秤もさようなら。

気を取り直して、投入。
入れ食いではなく、ときどき回避みたい。
うろうろ、猫にさより頭で遊んだり、サッパ撒き餌したりで待つ。






そんなこんなで、置き竿にして、よそ見をする。
断言するが、わざとよそ見をする。
と、竿尻が上がっている。

まきまき。
走るスピードにまきまきが明らかにおいつかない。
突っ込む。ドラグ緩めでいなす。
やっと抜けた。そうだくん。
嬉しいぞ。

パターン読めた。
こうだ。
一つ隣釣りびとがソウダを上げる。
そこへ同じ棚(浅め)で投入。かつよそ見。
仕掛けも似せる。ボリシーこだわりなし。

で、竿尻上がる。
違う意味でスリリング。
コバンザメ投法。

結局この方法で3匹。
これ以上のそうだくん。は不要のため、棚を下げたが、サバはこず。





とりあえず初物釣れて良しとしよう。
終わってみればソウダ上げたのは奧の3名のみ。
残り物福パターン。

※正体バレたのはこっぱずかしかったです。
しかもハリス切れ、バラシ、高切れの後のコバンザメ。
その観察力を見習いたいです。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

1年ぶり南房遠征はアジ少々ソウダなし


写真は1匹1500円のアジ。


8月6日(木)2時~8時、休みを取った。
仕事終わり、タッチ&ゴー。
1年ぶりの南房へ。

夜中はアジを狙って漁港。
3投目くらいてウキが明確に沈む。
外房とは違う引き。
ぐんぐんぐぐん。
慎重まきまき。

幸先よし、25cmあじくん。



でも続かない。
そのあとは、ぷーやん、ごんちゃん、ちびえいの毒魚連発。

その後はキレイにウキが入る。
強い引き、サバのように走らないが、イナダのような重量感。
かつ、スタミナあり。
なんだろう?と尺あじ期待したが、50cm近いボラ。

明るくなりはじめ、メジナが釣れる。
終了合図と思うと、ウキが消える。
慎重まきまき。
アジが2匹。

しかし単発終了。


写真は1匹め



南房へ来たら砂山へ転戦。
さすがに平日。
隙間に潜り込むも、マッタリ空気が流れてる。

イワシが回遊してる。
チーサバも釣れる。
が、ソウダは釣れない。

小さな群れがときどき見えたが、ジグ、サビキには見向きせず。

唯一あたりがあったのは、あいつ。
70cmサイズの原色魚。
おいらのサビキに一直線。
合わせたが、手応えすらなくハリス切れ。

遊んでももらえず。



年1~2度の館山遠征は惨敗。
高額アジに。

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

夏のソウダ祭りの端っこに参加してきたのだ(南房/後編)

140823_2manaita.jpg
【写真は、盛夏の成果】




8月23日(土)7時~9時。
前夜から南房にアジを釣りに来た。
しかし、満足に釣れなんだ。
ならば、ソウダを釣ってお土産にするべし。


てことで、砂山鉄火場へ移動する。
来て見てびっくり。
満員。
向かいに見える軍堤防も満員だ。


やむなく砂山作業場の船のロープの下からサビキを投げることに。
先行釣り人がソウダを弓角で上げた、とのこと。
しかし、おいらのサビキにはチーサバ祭り。
チーサバしか釣れないのかと思ってたら、ブルドーザー作業が始まり、退去。


途方に暮れていたら、遊覧船?が出航。
てことは、そのスペースが空いたはず!

すかさず移動。小さなスペースに入り込む。
もう、その頃には周囲ではサビキ、弓角でソウダがポツポツ上っている。

サビキを投げる。
群れが回ってきたのか、ウキがポコン。
糸が出て行く。
ぐぐぐぐっ、

竿、リールなどの仕掛けはアジ仕様なので、走られる。
巻けない。
「すいませーん!」と周囲に迷惑を掛けながら、寄せて抜き上げる。

ずっぽーん。
パタパタパタ。


【写真は、哀れな姿のソウダくん】
140823_1souda.jpg
(しまった!首なしの写真ばかりに・・・)


その後も、周囲の地元釣り人のアドバイスを受けながら頑張る。
タナはゼロ。
サビキは下オモリ形式で良いが、太くて短くて良い。
針は多くて3本ぐらいで。
色はサビキでも弓角でも何でも、白が良いらしい。

結局、暑い中粘るも2匹のみ。
あたりは10くらいあったが、バラシ多発。
サビキ針(6号)を見たら、伸ばされていた。
強烈な引きで遊んでただけに。

釣り場が広ければ、ヒキを楽しみつつ細い仕掛けで大丈夫だが、
もっと大きい号数で強引に上げるべきだったか。
しかし、今年も夏祭りの端っこにでも参加できて良しとしよう。




冒頭写真は3匹でしたが、釣れたのは2匹?
と気づいても、押してやってください。
お察しのとおり、お祭りのもらい物です。

↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り ソウダカツオ 館山

今年もソウダ祭りに参加できたのだ(南房)

120804_5souda.jpg
【写真は、ソウダくん】



8月4日(土)6時~8時。
前夜から南房に来ている。しかし、アジ釣れず、実質ボウズ。
お土産を求めて、南房の有名堤防への移動を目論む。


有名堤防へ行く前に、手前の築港を見ておこうと寄る。


祭りだ!ソーダ。
釣り人多数で、右でも左でも30cmくらいのソウダが釣れ盛っている。
海を見ると、イワシの群も。


遠くに見える有名堤防には釣り人ビッシリ。
ココでの釣りに変更を決意。


僅かな隙間で弓角を用意。
投入⇒巻き巻き。


しーん。
おいらの周囲の弓角師、サビキ師にはソウダがバシャバシャ。


どうもルアー系に自信がない。
(経験・工夫が足りず、引き出しが少ない)
投げサビキを投入。


ウキがモジモジ。


釣れた。
イワシくん。
カタクチではなく、もう少し美味しいそうな太ったイワシくん。


サビキ針にアオイソメとオキアミをつけたら、すぐに釣れる。
10匹近く釣って、我に返る。
(回遊魚を釣りに来たはずだと・・・)


再び弓角を投入する。
早く巻いたり、しゃくってみたり。
でも、しーん。


再度、投げサビキに戻す。

ウキがピョコビヨーンと沈む。
走り出すと、もの凄い加速力とスピード。
掛かるようになったけれど、バラシとハリス切れを繰り返す。

磯竿なのでキッチリ合わせを入れないと針掛かりが甘くなり、
バレルみたい。
一方で、負荷を掛けると1.5号のサビキハリスがプチプチ切れる。


慣れてきて、ようやく1匹。
30cm超のソウダガツオくん。


【写真は、ソウダくん】
120804_6souda2.jpg



地合なのか、オキアミを付けて投入すると、
すぐにアタリがあるようになる。
タナはウキからカゴまで50cmくらい。


ウキは少し沈んだ後、釣られたことに気づいたソウダが走って、
ズガガガーンと沈む。
走る。
向こうへ、手前へ、右へ、左へ。
磯竿楽しい~。
でも、周りに迷惑が掛かるので、ほどほどに。


4匹ほど釣ったところで、ソウダ待つの勢いが沈静化。
オキアミがなくなったので、再度、弓角を投げるがシーン。
周囲の釣り人も投げるのを止め始める。
地合が終了したみたい。

遠投できるエサ師、スキップバニー師は比較的長く釣れたようであるが、
それでもお祭りは終了の気配。


【写真は、まな板のソウダくん】
120804_7manaita.jpg




おいらも終了。
暑くなるので、これ以上長時間はキツイ。
お土産を確保できたので、良しとしよう。




エサとはいえ、回遊魚の手応えを楽しめて良かったですね、
と思ったら、下のほうまで押してやってください。
今年もソウダ祭りに参加できてよかったです。
お土産も確保できたし。

↓↓↓↓↓↓↓
釣りブログのボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : 釣り ソウダガツオ 南房

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント