プロフィール

☆にょろり

Author:☆にょろり
【写真はイワシたろう】
浦安市在住の釣り好き

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
ブログ内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
スポンサードリンク
月別アーカイブ
全記事の一覧を表示

おいらの足跡を見てちょ!

(釣報)おいらの前にはシリヤケくんは回って来なかった(川崎某所)

と、しよう。くやし。

(痛恨の写真なし)


正確には(釣報)ではなく(釣れない報)か。
とほほ。
今後の糧とすべく記録に残そう。


4月23日(日)5時~8時。
土曜は珍しく出勤だった。
日朝、眠いが、カタクチとアジの冷凍を持って川崎へ。

先行釣り人あり。
少し間隔をとって構える。

棚を測って、アジをぶっさして流す。
流、、、れない。

潮の流れが弱い。
なんじゃこりゃ。

初めは緩く右から左。
潮止まり。
さらに緩く左から右。

、???、どちらからだったかな?
印象ないくらい緩い。

で、いわしに変えてもしーん。
エギに巻いてもしーん。
しまいにゃエギをしゃくってもしーん。

パーフェクトボウズ。

なお、近隣ではいわし鈴なり、アジ少し。
その先ではシリヤケ上がってました。
うらやまし。

いない訳ではないようです。
ウデ(適応力)の問題。
また来週懲りずにどこかへ行こう!


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

(釣報)西公園にシリヤケなし。枕を並べて討ち死に。


写真は、敗戦の地


4月16日(日)5時~8時。
前日の浦安のカタクチイワシを持って、東扇島西公園へ。
左右にあいさつして、先端にもぐりこむ。

用意する。
磯竿、ウキ、オモリ、ぶっさし。
エサは浦安のカタクチと外房のアジ。

ぽっちゃん。
ウキは右から左へゆっくりと。

待つ。
待つ。

しーん。
アタリなし。
ときどき釣れるのは、地球・川崎の海底。

7時満潮。
過ぎると、潮は左から右に変わる。
かつ速い。

しかし、しーん。
しーん。

あたりなし。
諦めた。

周囲でもシリヤケイカの姿なし。
枕を並べて全員討ち死に。
無念。

魚っ気なく、目撃したのは小型のサメのみ。

にゃー軍団にエサの残りを進呈して終了。
まだ、これからということで、、、



☆応援のボタン☆(後援・飲物(切るとこ違う)はおいらの設置した広告なのだ)
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

タモ入れられずシリヤケられず(川崎)

(痛恨の写真なし)


5月5日(木、祝)5時30分~8時30分。
東扇島、川崎某所へ。

前日の強風の影響が残るのか、右からの風。
極端な濁りは残っておらず。

ぶーん。
ぽっちゃん。

外房マメアジ残り。
バナメイエビ。
エサ巻きスッテ。

ローテしながら流す。
しかし、風は右から。潮は左から。微妙な感じ。
しばらく流したところで、右へ流れているウキが少し沈み気味。

半信半疑で合わせると、、、
すっきりしない手ごたえ。
ゴミでも釣ったのか???

ついてた。小さいシリヤケくん。
水面でブシュ―。
抜き上げようかと迷ったが、タモ入れの練習をしよう!
用意していたタモを下す。

が、下りない。(刀と同じく、口のところが堅くなっているのね。)
左手に竿、右手にタモ。
右手を上下に振ると、、、自動的に左手も振れてる。

テンションが下がったところで、痛恨のバラシ。
とほほ。
もっと慎重にやればよかった。
(タモ入れ練習失敗)

その後もしばらく粘るもしーん。
アタリなし。
撃沈。

ただし、周囲ではぽつりぽつりと上がってました。
潮が動き出すとき、止まるときに活性が上がるのでは。。。




テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

やっとこさシリヤケやけた(川崎)


写真は、捕われの火星人


4月30日(土)16時~17時。
朝から昼過ぎまで浦安でサヨリちゃん捕獲にいそしんだ。
夕方、川崎某所へ行ってみた。
今季3度目のシリヤケ捕獲作戦だ!

しかし、南風。
向かい風。
びゅーびゅーざっぱざっぱ。
他に釣り人なし。

一応投げてみた。
???
海は流れていないが、糸が風に流される釣れないパターン。

折れた。
わずか1時間で撤退。
往復2時間半(ゲートブリッジは横風注意)。実釣1時間。
教訓「奥湾の南風は無理」。


釣りに関しては粘り強いおいら(しつこいとも言う)。
翌朝5月1日(日)5時30分~8時30分。
同じく川崎某所。同じ場所へ。

無風。
満潮前後の潮の流れは緩い。

マメアジ(外房産)をぶっ刺して流す。
しーん。

バナメイエビ(オーケーで10匹300円)をぶっ刺して流す。
しーん。

マメアジの半身をまとったエサ巻きスッテを流す。
しーん。

今朝もお手上げか!
と思ったら、隣のサビキ釣り人にカタクチ鈴なり。
(※拝見いたしました。隣だったのですね。いつも情報いただいています。)
ベイトが回遊し始めたらしい。

と思ったら、ウキが20cm沈んでいる。
もひかして?
むにょーんと合わせる。

ぐーんぐーん(地球ではないものが掛かった手ごたえ)。
巻き巻き(怒らせないようにゆっくり)。
水面でブシュ―ブシュ―。
タモアミイン(練習になる)。

冒頭写真のシリヤケくん(おそらく「くん」)。
今年の初物。
4度目のチャレンジ(しつこい)。

以降も仕掛けを変え、場所を変え、しつこく流すもアタリなし。
1匹釣れたので「よし」としよう。
ワンチャンスを活かした。
縦型のぶっさしに、横型のスッテを加えたのが良かったか。

で、道が混む前に帰宅。

写真は、別アングル
2016050116073768d.jpg


テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

tag : シリヤケイカ

暴風爆風シリヤケくんに会えないじゃなイカ(東扇島)

痛恨の写真なし。


4月17日(日)5時30分~8時。
朝起きた。
風強い。
でも逝こう、海へ。


どんなに繕ってもボウズ。
キロクとして残そう。


東扇島某所。
暴風。
一部潮かぶり。
先行釣り人1名のみ。

前週外房豆アジ(冷凍)をぶっさし投入。
ウキ流れる。
というか風にひっばられる。

繰り返すもウキ沈まず。
一かじりもされず。
いわゆるパーフェクトぼうず。つるつる。

爆風やまず。
大粒雨降りだす。
撤収。
無念。
また来週。



テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

☆応援のボタン☆

ぽちぽちしていただけるとありがたいのだ

スポンサードリンク


☆応援のボタン☆
FC2ブログ等のリンクです。下の方までポチポチ押していただけるとうれしいです。やる気が出るかも。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサードリンク

釣り人リンク・お役立ちリンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
エアーフィッシング

FC2ブックマーク
☆浦安釣日記をお気に入りに追加する
IEのみに有効です。
お客様カウンター
現在の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
山盛りのヒント